イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「魔髪の忍鬼 グレンジシ」評価

 


Amazon/駿河屋/あみあみ



今日のカードはBT04「最凶!根絶者」収録 《魔髪の忍鬼 グレンジシ》のみです。

 

f:id:harvestfiesta:20190116162218j:plain


評価:3/5

 

■アタック後同名カードをコール

コストが重いですが、なかなか勇主な効果ですね。

その気になればこのカードを数珠繋ぎにして連続アタックも可能である所は良いと思います。

同名カードが3枚以上あればパワー+5000され、単騎でフォース【V】を殴れる数値を出せるのも良いですね。

欲を言えばパンプは自動か永続にして独立させて欲しかったのですが、まぁ悪くはありません。

 

欠点は場のカードが1枚増える効果にしては割高なコストと、むらくもには場を空ける効果に乏しいのでアタック後のコールを活かし難い点です。

コストの方はCBをあまり使用しない「シラユキ」軸であれば、ある程度許容できるかもしれません。

場を空ける効果はアタック後に自己ソウルインするカードでもあれば良いのですが、むらくものG2には該当するカードが無いので難しいです。

■総括

アタック後に自身を山札からコールする事でアタック回数を水増しでできるG2ユニットです。コストは少々重いですが、悪くはないカードだと思います。

 

ただ「決闘龍」「マンダラ」ではCBが重すぎて使い難い、採用し難いカードと言う位置づけになってしまうと思います。コスト面さえ許容できれば入れても良いかなと言うカードです。