イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「量子力学の魔法使い」「エンダイブ・ビーストテイマー」「ネフライト・ビーストテイマー」評価

 


Amazon/駿河屋/あみあみ



今日のカードはBT04「最凶!根絶者」収録 《量子力学の魔法使い》《エンダイブ・ビーストテイマー》《ネフライト・ビーストテイマー》です。
また懐かしい名前がありますが、根本的に間違っています。

名前が同じと言うだけでは訴求するものがないと言う事に、いつになったら気が付くのでしょうか。

 

 

f:id:harvestfiesta:20190117110234j:plain

 

評価:3/5

 

■ディスアド1ドロー

これは何とも微妙な効果のカードですね。

 

アタックが終わったラインを退却させ1枚ドローでき、さらにSC②もできるのは、まぁまぁ便利だと思います。

2:1交換でのドローと効率は悪いですが、アクセルクランに配られるドローであれば、まぁこんなものでしょう。

 

退却した2体の代わりにソウルに2枚入っているので、ペイルムーンにとってはほぼ損失なしのドローと言えなくもありません。

また特にターン制限等がないので毎ターン使用できるどころか、1ターンに何度でも使用できる点は悪くありませんね。

恒久的に使用できるドローソースと考えればこの効率も納得できます。

 

■パワー5000

かなり厳しい査定ですね。

シャドウパラディンの《髑髏の魔術師 ネヴァン》と同等の評価のようです。

ペイルムーンにとってもソウルからの登場時限定と言うのは気軽にポンポンと発動できるほど緩い制限ではないので、同等と考えられているのであれば些か承服しがたいものがありますが、まぁ解らなくはありません。

 

せめてパワー6000であれば、《ゴールデン・ビーストテイマー》のパンプ込みG2リアガードがパワー9000+3000+6000=18000になれたのですが、故意に1000足りない状況を作っているのでしょうか?

 

■総括

恒久的ドロー効果を持ったG1ユニットです。

デッキに入らなくもない性能をしているとは思いますが、では何を抜くのかと問われると微妙ですね。

1ドローは魅力ですが、少々使い難いカードだと思います。

 

 

f:id:harvestfiesta:20190117110255j:plain

 

評価:3/5

 

■縦列にソウルから2枚までコール

CB①で単純に2枚のアドバンテージを生み出す効果ですね。

 

ペイルムーンはリソースが薄く、盤面を整えるのに苦労しているのでこう言った効果を繰り返し使える所は偉いですね。

ソウルさえ足りていれば簡単に盤面を埋められるので、なかなか優秀な効果だと思います。

 

欠点はコストでレスト状態になる為、このカード自体は完全な置物になってしまう点ですね。パワーも低いので【V】裏に置いておくのが良いと思います。

 

■パワー5000

ペイルムーンでは、この効果でここまでパワーが下がってしまうのですね。

パワー的にもコスト的にもアタッカーとしては完全に死んでいます。

 

アクセルサークルに置けばアタッカーとして最低限の仕事はできますが、流石にアクセルサークルをこのユニットで埋めるのは邪魔になるので、大人しく【V】裏に居るべきですね。

状況次第で殴らずにレストする可能性のあるこのカードを置くぐらいであれば、トリガーを置いた方がマシです。

 

■総括

ペイルムーンの貧弱なリソースを改善してくれるかもしれないカードです。

G2ユニットとは思えない驚異の低パワーですが、このユニット自体はアタックの機会に乏しいただの置物なのでパワーにはある程度目を瞑れます。

低パワーを加味してもなかなか優秀なカードだと思いますが、アタッカーとしては全く使えないので投入し過ぎると邪魔になるカードだと思います。

 

 

f:id:harvestfiesta:20190117110246j:plain

 

評価:2/5

 

■ソウルのユニットに場を譲る

違う、そうじゃない。

 

ソウルからユニットが出て来た時に、自身を退却させソウルから後列にユニットを出す効果です。

後列に限定しているのでブースト要員をソウルから呼び出し、ラインを整えろと言う意図なんでしょうが微妙です。

 

欠点は自身を退却させる1回使い切りの効果である点、コールできる場所が後列に限定されている点です。

使い回しの利かなくなったG1版《ジャンピング・ジル》或いは劣化《パープル・トラピージスト》ですね。

 

■総括

ソウルから登場したユニットにブースト要員を宛がう為に場を譲るユニットです。

然程弱くはありませんが、後列にしかコールできない効果の為にこのユニットを入れる程枠に余裕はないと思います。

G2ユニットと比較するのも微妙ですが、入替効果の《ジャンピング・ジル》でさえ後列制限が邪魔で使い難いのに、それをさらに弱くされてはさすがに…。