イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガードch「トライヘッズ・キメラ」「ユーモラス・キメラ」「バーバラス・キメラ」評価

 

 


Amazon/駿河屋/あみあみ

 


今回の公式ch公開カードはBT04「最凶!根絶者」収録、ペイルのキメラども 《トライヘッズ・キメラ》《ユーモラス・キメラ》《バーバラス・キメラ》です。
まぁC枠なので仕方ない部分もあるのでしょうが、これは…。

 

f:id:harvestfiesta:20190104122851j:plain

 

評価:1/5

 

■ソウルスペコ

起動効果でソウルから登場しつつ条件付きで自己パンプ。

字面だけ見れば許容範囲に見えなくもないような気もします。

 

ソウルから自己コールできる効果と条件付きとは言え自己パンプ効果を併せ持ち、パワーが9000のままである点は偉いですね。

 

欠点はSB②とコストが重く、折角の自己パンプ効果の条件も固有名称指定で2体を必要とし、起動効果なので折角のソウルから登場する効果を連続攻撃に活かせない所です。

 

■総括

ペイルのG2は前任者がそれなりに優秀なので、このカードの採用は難しいです。

「キメラ」を軸にしたデッキが作れるようになれば出番があるかも知れません。

現状では要らない子ですね。

 

 

f:id:harvestfiesta:20190104122859j:plain

 

評価:3/5

 

■手札1枚消費してSC②

重い。非常に重いです。

SC②は魅力ですが、その為に手札を1枚捨てるとなるとちょっと重すぎます。

続くパンプ値が大きく単騎でパワー14000まであがるので、それを加味すれば然程悪くはないとは思います。

運次第で手札1枚分の損失を補填できる点も鑑みれば、まずまずの性能はしていると思います。

 

欠点はSCを行うだけで手札を浪費してしまう、アド損である点。

その損失を補填する効果が運任せであるだけに留まらず、あろうことかソウルを消費する点です。

 

■総括

手札を消費するとは言え、登場時効果でパワー+5000とSC、さらにソウルからのスペリオルコールを行えるそこそこの性能のユニットです。

現行のG2 SC要員《ニトロジャグラー》に取って代わるかも知れないカードですね。

あちらに比べて振れ幅が大きいのが利点であり欠点です。

 

 

f:id:harvestfiesta:20190104122905j:plain


評価:1/5

 

■ソウルスペコ

《トライヘッズ・キメラ》《ユーモラス・キメラ》が場に居る場合、自身をソウルからスペリオルコールし、両方が揃っていれば全員のパワーが上がる効果です。

 

強そうに見えなくもないが、まぁ使い難く褒める所の少ない効果ですね。

動画担当の人も白雪に比べて兎角テンションが低かったですし、このカードに如何に興味が無いかが解ります。

 

利点は条件を満たす事さえできれば最低パワー+15000はされるので、大幅なパワーラインの増強が見込める点。

欠点はこれらをデッキに放り込み、場に用意し、連続攻撃回数に直結するCB①を支払う必要がある点です。


■総括

ヴァンガードのデザイナーズコンボカード、その出来の悪い方です。

出来の良い方はクラン特性に沿っていたり、固有名称指定されたユニットが相応に優秀だったりするのですが、これはダメなパターンの方ですね。

このカードを採用するとG1の枠だけでは済まないので無理でーす。