イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

【ポケモンカード】「ナイトユニゾン」収録カード評価

 

 


Amazon/駿河屋





新弾「ナイトユニゾン」の収録カードリストが公開されました。

新規51種と収録数が少なめなので、全カードを5段階で評価していきます。

 

 

〇草

 

・コンパン

評価:4/5

草エネルギー1つで山札を7枚も掘れる「レーダーアイ」が優秀。逃げエネルギーも1つと軽くて良い。

 

モルフォンGX

評価:3/5

「しのびのごくい」は《キョウの罠》《アンズ》を使用でき追加効果を得られれば、なかなかコストパフォーマンスが良いワザですね。

 

マダツボミ

評価:1/5

草エネルギー1つで20点を出せますが、HPが50と低めなのがネック。

 

ウツドン

評価:2/5

草エネルギー1つで[やけど][どく]を撒ける点は悪くはないが、あまり強くはありません。

 

ウツボット

評価:1/5

「どくへんげ」はなかなか面白いが基礎ダメージが低すぎる。状態異常は数も限られているため上限も低く使い難い。2進化でこれでは流石に……。

 

アゴジムシ

評価:5/5

任意のエネルギー1つで山札から雷ポケモンを2枚まで持って来られる「エレキシグナル」が優秀。HPが60なので《ウツギ博士のレクチャー》に対応している点も偉い。

 

 

〇水

 

メノクラゲ

評価:2/5

《アンズ》を使用できれば追加ダメージで60点の火力を出せるが、そこまでする程ではないでしょう。

 

ドククラゲ

評価:2/5

エネルギー付け替えと30点ダメージを与えられる「いけずなしょくしゅ」はなかなか面白い。強くはありませんが使えなくもないカードです。

 

トサキント

評価:2/5

「もぐる」が付いていないのが残念。コイントス次第で無敵になれる点は悪くありません。

 

アズマオウ

評価:2/5

どうぐが付いていればコイントスの回数を6回に増やせる「エキサイトホーン」は面白いが最大でも180点。期待値を考えると1進化ポケモンのダメージソースとしてはやや火力不足です。

 

キュレム

評価:5/5

「ヘイルプリズン」は水エネルギーをトラッシュする必要こそありますが、相手を確実に[マヒ]状態にでき優秀ですね。強力な非GXポケモンだと思います。

 

ケロマツ

評価:1/5

水エネルギー1つで攻撃できるが、あえてこのケロマツを選ぶ理由が薄い。

 

ゲコガシラ

評価:1/5

コイントス次第で無敵になれるが既に優秀な同名カードが存在するので、こちらを選ぶ理由がありません。

 

 

〇雷

 

 ・ピカチュウ

評価:1/5

このカードも、わざわざこれを選ぶ理由のないカードです。

 

ライチュウ

評価:2/5

「ネバーギブアップ」の条件は厳しいが、効果はなかなか優秀。

 

デデンネGX

評価:5/5

登場時に手札を全て捨て、新たに6枚引き直す特性「デデチェンジ」が非常に優秀。

ベンチに出た後、戦力としては貧弱なこのカードをどうするかが最大の問題です。

 

デンヂムシ

評価:5/5

クワガノン限定ながら雷エネルギー2つ分として働く特性「バッテリー」は破格の性能。クワガノンのエネルギー事情が一気に改善される良いカードですね。

 

クワガノン

評価:4/5

条件を満たせば自身の弱点を消してくれる特性「ステルスボディ」と、雷エネルギーを全てトラッシュする事で220点の火力になる「エレキほう」どちらも優秀な良いカードだと思います。ネックは同名カードが優秀なのでこのカードと枠を競ってしまう点ですね。

 

ゼラオラ

評価:4/5

所有するワザのどちらも優秀ですが、特に相手の特殊エネルギーを割る「クラッシュクロー」が優秀ですね。フィニッシュも牽制もできる良いカードだと思います。

 

 

 〇超

 

マーシャドー

評価:5/5

スタジアム対策になる特性「リセットホール」が優秀。ベンチにいるだけで好きな時に使用できる点が使い易くて良いですね。「レッドナックル」も超弱点のウルトラビースト相手であれば仕事はできるので無駄にはなりません。

 

 

〇闘

 

・ウパー

評価:2/5

水タイプにも同名カードが存在するが、特にどちらが秀でていると言うものでもないのでお好みで。

 

・ヌオー

評価:4/5

水エネルギーだけで闘タイプ威力120のワザが使用できるのは偉い。「おしながす」《ヌオー》を投入したデッキで雷・悪の弱点を突きやすくなるのは良いですね。

 

グライガー

評価:3/5

特性が優秀で、HP60で《ウツギ博士のレクチャー》に対応している点も偉い。所持ワザ「しのびのひとつき」は……恐らく使いませんね。

 

グライオン

評価:1/5

褒められる点がありません。

 

 

〇悪

 

ゲッコウガゾロアークGX

評価:4/5

場の悪エネルギーによって威力の上昇する「あくのはどう」が強力ですね。

ダークライGX》の特性「リザレクション」、《ガオガエンGX》の特性「スカイチャージ」との相性が良く、お手軽に高ダメージを叩き出せそうです。

欠点は《ピカチュウゼクロムGX》や「ジラーチ/サンダー」等、雷デッキが流行している為、それらの対策用闘ポケモンに弱点を突かれやすい環境にある所ですかね。

 

キバニア

評価:1/5

どうぐをトラッシュできる「かじりとる」、コイントス次第で無敵になれる「こうそくいどう」を使用可能な同名カードが存在する為、このカードを使う理由がありません。

 

サメハダー

評価:4/5

進化時に山札からエネルギーを付けられる「ごうよくしんか」が優秀ですね。

自身のワザ「バットファング」に活用するもよし、《ゲッコウガゾロアークGX》のダメージアップに使うもよしです。

 

ゲッコウガ

評価:4/5

敵味方含め、場のもっともHPの低いポケモンを気絶させる「しとめる」が面白い。

「はやてしゅりけん」《ゲコガシラ》、「ふうましゅりけん」《ゲッコウガ》でダメカンをばら撒き、このカードで仕留める動きが楽しそうです。ポケカはデッキの自由度があって良いですね。

 

マーイーカ

評価:2/5

確定混乱はなかなか良いですね。コイントスで[まひ]を狙える同名カードもあるので、好みの問題ですね。

 

カラマネロ

評価:5/5

ピーピング&ポケモン限定のハンデス。さらにワザまで使用できる夢のようなカード。可能性しか感じない。

 

 

〇妖

 

サーナイト&ニンフィアGX

評価:5/5

追加効果付きGXワザが非常に高性能なので、これを撃てたらそのまま勝てると思います。発動条件の余剰エネルギー3枚追加も通常ワザ二つのお陰で簡単に満たせる為隙がありません。今弾で最も強いカードではないかと思います。

 

・ピッピ

評価:1/5

「みちびく」を持った同名カードがこのカードよりも優秀な為、このカードを選ぶ理由はないでしょう。

 

・ピクシー

評価:4/5

比較的容易な条件で、1エネ190点火力を出せるところが良いですね。

 

トゲピー

評価:1/5

優秀とは言い難いが、他に選択肢がありません。

 

トゲチック

評価:1/5

こちらも否応無く。

 

トゲキッス

評価:2/5

シャワーズGX》の妖版に相当する特性を持ちますが、2進化でこれでは使い難い。

 

シュシュプ

評価:1/5

唯一のたねポケモンです。選択肢はありません。

 

フレフワン

評価:2/5

強くはありませんが、コイントス次第で2枚ハンデスできる点は良いと思います。

 

 

〇無

 

コラッタ

評価:1/5

HPが低すぎてベンチにすら出せない。

 

・ラッタ

評価:1/5

今弾の《グライオン》以下の性能。人気のないネズミに厳し過ぎでは?

 

ベロリンガ

評価:2/5

コイントス次第で[まひ]。個人的には3ドローの「したでとる」の方が優秀だと思います。

 

ベロベルト

評価:2/5

「つまんでたべる」はなかなか面白いと思いますが、耐久するには少々HPが物足りない。

 

 

〇トレーナーズ

 

・電磁レーダー

評価:5/5

山札の《ピカチュウゼクロムGX》、《ゼラオラGX》、《デデンネGX》にアクセスできる点が非常に強い。

 

・びっくりボックス

評価:2/5

基本的には弱いカードですが《カラマネロ》の「さいみんしはい」と組み合わせて使うと面白い事ができそうです。

 

・ポケギア3.0

評価:5/5

サポートをサーチできるグッズなので、最低でも《マサキの解析》の相互互換。ともすれば上位互換ですね。手札に加えられる枚数は劣っていますが、グッズなので手札に加えたサポートをそのターンに使用できる点で勝りますね。

 

 ・隠密フード

評価:4/5

ルガルガンGX》《アローラベトベトン》等、強力な特性の効果を受けなくなるのは優秀ですね。あくまで防げるのは特性のみなので《グズマ》で引き摺り出されるのは阻止できないのが残念です。

 

・フェアリーチャーム

評価:4/5

今弾で優秀な妖タイプが増加し、現在の環境に雷タイプが多い事から、それなりに優秀だと思います。

 

・フェアリーチャーム 特性

評価:4/5

こちらも強力なフェアリーチャームですね。特性を持った優秀なアタッカーのポケモンは多いですし、妖タイプのデッキであれば十分採用圏内だと思います。

 

・アンズ

評価:3/5

強くも弱くもない汎用ドローソース。

ポケモンカードは強力なドローソースが多いので、相対的に地味なカードと言わざるを得ません。このカードの使用で追加効果のあるカード群がもう少し優秀であれば、もっと評価できましたが最高でも《モルフォンGX》しかないので厳しいですね。

 

・キョウの罠

評価:3/5

手放しに強いとは言いませんが面白いカードですね。《アローラベトベトンGX》等、特殊状態依存のカードを使ったデッキを組みたくなる良いカードだと思います。

 

マチスの作戦

評価:4/5

使用条件はありますが、非常に可能性を感じる効果のカードですね。凶悪コンボが色々と産まれそうです。