イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「シュヴァルツシルト・ドラゴン」「グラヴィティコラプス・ドラゴン」「グラヴィティボール・ドラゴン」「マイクロホール・ドラコキッド」評価

 

 


Amazon/駿河屋/あみあみ



今日のカードはBT04「最凶!根絶者」収録、 《シュヴァルツシルト・ドラゴン》《グラヴィティコラプス・ドラゴン》《グラヴィティボール・ドラゴン》《マイクロホール・ドラコキッド》です。
リンクジョーカーの見せても構わない部分を一気に公開してきましたね。良い事です。

 

f:id:harvestfiesta:20190104110426j:plain

 

評価:4/5

 

■起動効果裏バインド

ターン1制限が付いているとは言え、恒常的に使用可能な効果でCB①の裏バインドは優秀ですね。【R】効果とは言え登場時限定で同じコストの《アロマトルバー・ドラゴン》が不憫です。

 

コストも軽く前列後列の隔てなく任意のユニットをバインドできるので、使い易い効果だと思います。

二つ目の効果との相性を考えデッキの核となるユニットを中心にバインドしていきたいですね。

 

■ノーマルコール制限

サークル指定の呪縛ではなく、名称指定の疑似呪縛のような効果ですね。こちらもなかなか優秀だと思います。

VGのデッキ内でリアガードサークルに置かれるカードはG1~G3を合わせても概ね8種程度。この内の2~3種をコールできなくなるだけでも結構な不自由を強いる事ができるでしょう。

 

出来なくなるのはノーマルコールのみですが、スペリオルコールにも結局のところそれ用のユニットを必要とするのがVGですし、見た目以上に制限のキツイ効果だと思います。

 

■総括

裏バインドを主戦術とする「サイバードラゴン」デッキのフィニッシャーですね。

デリートを行うリンクジョーカーとは別軸に当たるカード群だと思いますが、このカードを軸にしたデッキを作るのも悪くはない優秀なユニットだと思います。

 

 

f:id:harvestfiesta:20190104110434j:plain

 

評価:2/5

 

■「サイバードラゴン」サーチ

ヴァンガードで種族指定とは珍しい。サイバードラゴンと言うとまるで遊戯王のようですね。

 

サーチしたカードをこのユニットが存在するサークルに出さなければならない都合上、ライドサポートはほぼG2順当ライドでこのカードに乗った時のみ使える効果と言う事になります。

条件は厳しいですが再ライドを必要とする《シュヴァルツシルト・ドラゴン》の為にもこの効果でのライドを成功させておきたくなります。

【R】で使用して《ノルドシュトゥルム•ドラゴン》を上書きコールするのも良いでしょう。

 

欠点はこのユニットのいるサークルにライドかコールしなくてはならない点です。

手札に加える効果か或いは、任意のサークルに出せるのであれば、使い易かったのですが残念です。

 

■総括

【V/R】の使い難いライドサポート兼種族指定サーチです。

やや使い難さが目立ちますね。上書きコールしてでも出したい【R】がいるかと言われると微妙です。

一応、専用デッキであれば採用の可能性もありますね。

 

 

f:id:harvestfiesta:20190104110444j:plain

 

評価:4/5

 

■条件付き列パンプ

これはなかなか良いですね。パンプ値もそれなりにあり、条件も無理のない範囲に留まっています。

デリート前提でG3をブーストすると考えれば丁度いい塩梅のパンプ値なのですね。

デリートなしでG2ユニットをブーストする事を考えるとパワーが1000足りていない所は気に掛かりますが、優秀ではないでしょうか。

 

■総括

G3、G2と違って、デリート・バニッシュデリートの双方で使えそうなカードですね。

パワーが欠けておらず、パンプ値もそこそこにあり、条件も達成可能な範囲に収まっているので十分採用圏内だと思います。

 

 

f:id:harvestfiesta:20190104110453j:plain

 

評価:-/5

 

■いつもの

いつものです。

優秀ですが、特に何もありません。

 

■総括

再録5種はシャドパラのG0勢だったはずなので、このカードは同日発売のTDの再録と言うわけではなさそうですね。

つまり、うさぎ枠ですか。ゴミですね。