イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「激変星のビッグガンナー」「崩壊の陰極 マグノティア」評価

 

 


Amazon/駿河屋/あみあみ



今日のカードはTD07『伊吹コウジ』収録、《激変星のビッグガンナー》《崩壊の陰極 マグノティア》です。
昨日の情報局でメインは見えたので、TDの残りの枠ですね。

これ以外はG1守護者、FV、各種トリガーなので、見えても見えなくても同じです。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181226195815j:plain

 

評価:3/5

 

■バインド条件永続パンプ

これはなかなか良いですね。

リンクジョーカーであれば裏バインドは難しくはありませんし、ほぼパワー13000のユニットとして扱えます。

 

欠点は素のパワーが9000と低い事。パンプ値もパワー+4000とやや低く、合計してもパワー13000にしかならないので、G3と同等のパワーを持つG2バニラユニットでしかありません。

この条件でパワー13000になるユニットであれば、《特異点を射抜く者》よりも優先する理由はなさそうです。

 

■総括

非常に緩い条件で永続パワー13000になれるG2ユニットです。

そこそこ優秀ですが、相手の【V】へのアタック時だけを考えれば《特異点を射抜く者》の方が優秀ですね。

このユニットは永続でパワー13000になれ、殴り返しに強い点で差別化するしかないでしょう。

アタックによるリアガードの除去が流行るようであれば、こちらを優先したいですね。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181226195821j:plain


評価:3/5

■バインド条件10000ブースター

先の《激変星のビッグガンナー》のG1版ですね。

同じ効果を持っているので、こちらもそこそこに優秀です。

 

デリートにしろ、バニッシュデリートにしろ、今回のリンクジョーカーの主軸となる効果なので、パンプ条件を満たせないと言う事はないでしょう。

このユニットはG1なので、このカードが場に出せる状況で常にその条件を満たせているとは限りませんが、必要な時にパワー10000として振る舞えれば良いので、序盤に機能し難い点はあまり考慮しなくても良さそうです。

 

パワー10000のブースト要員なので裏バインドで条件を満たした場合は【V】裏や《激変星のビッグガンナー》の後に置くのが良さそうですね。

 

■総括

素のパワーが6000と低い点は気になりますが、なかなか優秀なブースト要員だと思います。

必須と言う程ではありませんが、G1の採用候補には入る性能だと思います。