イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

週刊ヴァンガ情報局「爆炎の剣士 バロミデス」評価

 

 


Amazon/駿河屋/あみあみ



今週の情報局公開カードは「宮地学園CF部」収録《爆炎の剣士 バロミデス》です。
海外イベントで公開されていたカードですね。

まぁ、今回の情報局はファイトがメインで公開カードはついでみたいなものだったので、こんなものでしょう。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181211230419j:plain

 

評価:3/5

 

■ソウルがドロップゾーンに置かれるとパワー+5000

放送中にも付言されていましたが《ソウルセイバー・ドラゴン》との相性が良いカードですね。

自己パンプによるパワー+25000に加え、《ソウルセイバー・ドラゴン》によるパワー+15000が重なり合計パワー53000にもなります。

ここまで膨れ上がると通常の手段でガードするのは損なので、相手は守護者を切るしかないでしょう。

単体では殆ど役に立たない事を差し引いても、なかなか優秀ではないでしょうか。

 

そこまで一度に大量消費するカードは稀ですが、ロイパラは確定で投入される《ブラスター・ブレード》がソウルを必要としているので、全く使い道がないと言う事は少ないと思います。

パワー+5000のみとなると地味ですが、悪くはありません。

■総括

単体では殆ど役に立ちませんが、組み合わせ次第では高い打点を発揮する振れ幅の大きいカードですね。

強直なカードですが、《ソウルセイバー・ドラゴン》一本だった勝ち筋を増やす類のカードではなく、それを補強する為のカードなのでデッキに投入するかと言われるとやや困ります。