イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやTCGの雑記を綴るブログです。主に今日のカードを1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「戦巫女 シタテルヒメ」評価

f:id:harvestfiesta:20181022105334p:plain

評価:3/5点

 

今日のカードはまた海外で先行公開されたカードですね。

こうも続くと言う事は、故意に被せてきているのでしょう。

余程ユーザーに商品情報を開示したくないと見える。

 

■CBを変換するSB軽減能力

CB①でSBを2つ軽減する能力なので、SBをCBで代替する能力ですね。

どうやらジェネシスは旧シリーズと変らずSBをメインとするクランのようなので、この軽減能力は重要になるかも知れません。

V/R問わず使用でき、僅か+3000ですがパンプ能力を内包しているので無駄にはなり難いでしょう。

下限値が書いてありませんし、0まで軽減できると言う認識で良さそうですね。

他のカード次第ですが、なかなか良いのではないでしょうか。

 

■単体ではアドバンテージを産まない

コストを軽減する、代替する事しかできないので、これ単体では何の得もありません。

SB②以上でアドバンテージを得られる強い相方が必要になるカードですね。

どんな状況で手札に来ても強いカードと言うわけではないので、少々使い難さが目立つ場面もあるかと思います。

 

■総括

ジェネシスのクラン特性が旧シリーズと同様に、RがCBをあまり消費せずせっせとソウルを稼ぎ、それをVが一気に散財するスタイルであれば、なかなか優秀なカードであると言えるでしょう。

 

そうでない場合、SB①の能力を連打するようなスタイルとは相性が悪いので、その場合は優秀とは言い難いです。

 

良い効果ですがその価値は相方となる他のカード次第で180度変わるカードですね。