イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「バーコード・ゼブラ」評価

 

 


Amazon/駿河屋/あみあみ

 

f:id:harvestfiesta:20181226024732j:plain


評価:5/5点

 

今日のカードは「The Answer of Truth」より《バーコード・ゼブラ》です。

またCか。昔はそれなりに使われていた互換カードでしたが、様変わりしましたね。

 

■カードが山札からドロップゾーンに置かれた時

旧グレネにはなかった条件でのパンプですね。

レオパルド、バイナキュラ等の猫科肉食動物の効果に反応しての自己パンプ能力です。

残念ながら種類に乏しく、各グレードに1種ずつしか存在しませんが、どれも強力で主役となり得る効果なので、それに反応するこのパンプ条件はクラン特性に即したパンプと言えるでしょう。

 

■単騎14000アタッカー

アクセルクランにしてはパンプ値が大きいですね。

まるでプロテクトクランのような加算値です。まぁオラクルはさらに+1000されていてより使い易く作られているのですが、そこは寵愛の差か或いは調整ミスなのでグレネで高望みしても意味はありませんね。

 

単騎で14000になるので、フォースVを相手にしてもアクセルサークルを使わずアタッカーとして使える点は非常に良いですね。

 

■総括

猫科肉食動物の効果に反応して自己パンプする優秀なカードです。

レオパルドで引っ張ってくるアタッカーの有力候補ですし、グレネのG2はバイナキュラスとゼブラ以外は微妙なので、このカードは必須級だと思います。