イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやTCGの雑記を綴るブログです。主に今日のカードを1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「バーコード・ゼブラ」評価

f:id:harvestfiesta:20181023165540p:plain

評価:3/5点

 

今日のカードは「The Answer of Truth」より《バーコード・ゼブラ》です。

またCか。昔はそれなりに使われていた互換カードでしたが、様変わりしましたね。

 

■カードが山札からドロップゾーンに置かれた時

旧グレネにはなかった条件でのパンプですね。

Vシリーズからは場のユニット以外に、山札のカードも破壊していくと言う事でしょうか? なんにせよ、これまでのグレネとは全く違ったアプローチのカードなので、その条件を満たすカードも一定数あると言う事ですね。

 

■単騎14000アタッカー

アクセルクランにしてはパンプ値が大きいですね。

まるでプロテクトクランのような加算値です。まぁオラクルはさらに+1000されていてより使い易く作られているのですが、そこは寵愛の差か或いは調整ミスなのでグレネで高望みしても意味はありませんね。

 

単騎で14000になるので、フォースVを相手にしてもアクセルサークルを使わずアタッカーとして使える点は非常に良いですね。

このカードに旧グレネに散見された+4000を乗せられれば言う事ありません。

猫科肉食動物たちには期待しています。

 

■総括

今までにないパンプ条件をもったCなので、レア枠が判明しない現状では何とも言えませんね。

パンプ条件を満たす事が容易なのであれば、使い易いCカードと言えるのではないでしょうか。グレネの方向性次第では十分に採用兼愛に位置するカードだと思います。