イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「究理の邪爪 ドラバルクロー」「緊縮の根絶者 ヰゲルマ」評価


Amazon/駿河屋


今日のカードはBT08「銀華竜炎」収録「究理の邪爪 ドラバルクロー」「緊縮の根絶者 ヰゲルマ」です。

ヴァンガードでメタカードとは珍しい。 

 

f:id:harvestfiesta:20200521113344j:plain

評価:2/5

■連パンメタ

インターセプトした時か[G]に登場した時、このターン4回目以降のバトルなら、1枚引く。

 

ヴァンガードでは珍しい部類の効果ですね。

アクセルや一部フォースのような連パンを得意とするクランに対するメタ効果です。

ガードで消費するはずだったアドバンテージをドローによって回復しながら、ガードを行えるのは悪くはありませんね。

 

ただ相手によっては全く機能しない腐りやすいカードですし、これ1枚で連パンに対処できると言うわけでもなく、このユニットのスペックが非常に低く設定されているので複数枚採用するのも躊躇われます。

お世辞にも使い易いとは言えませんね。

 

■総括

ヴァンガードではその概念の存在そのものが珍しいメタカードです。

 

特定条件下でガード時の損失分が補填される効果なので悪くはありませんが、それだけを持たされ、その反動でゴリゴリにスペックを削られてしまうと流石に採用は躊躇われます。

無し寄りの有りです。

 

こう言う効果は素で強いユニットに、おまけで付けて欲しかったです。

 

 

f:id:harvestfiesta:20200521113351j:plain

評価:2/5

■サーチメタ

【R】いずれかのファイターが、カードの効果で山札からカードを探した時、そのファイターはSB①する。

 

こちらもユニークなサーチメタ。

サーチ札は昨今各クランに配られ始めたので、時期としては合っていると思います。

 

システムユニットなので置いておくだけで機能し、複数回使用されればその分だけソウルを吐き出させる事ができる点は偉いです。

このユニットを並べればサーチ効果の使用を躊躇うデッキもありそうです。

 

ただソウルが無くともサーチは可能のようなのでメタとしての抑止力に乏しく、ソウルの消費を苦にしないクランには全くの無意味なのが残念です。

腐りやすい割にスペックも低く、パワーもほぼ最低限の数値ですね。

 

■総括

昨今増えてきたサーチ効果に対するメタカードです。

 

サーチを行うたびにソウルを消費させる事ができるので、相手によってはサーチ効果を牽制する事も出来そうですね。

ただ追加コストを課すような効果ではないので、ソウルの消費を意に介さないデッキ相手には無力です。

パワーは6000あるのでまぁ許容できるとしても、腐りやすいシステムユニットである事に変わりはないので積極的に採用したくはありませんね。

 

こう言うカードはサイドチェンジで使うようなカードだと思うのですが…。