イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「クリアビュー・エンジェル」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB13「The Astral Force」収録「クリアビュー・エンジェル」です。

そのレンズ色付きですけど、大丈夫?見難くない?

 

f:id:harvestfiesta:20200123104113j:plain

評価:4/5

■ダメージコール

【R】ドロップゾーンから1枚をダメージゾーンに裏で置く。

手札から登場時、コストを払い、表のダメージを1枚選び、[R]にコールする。

 

ほぼ「後駆の守護天使 アールマティ」のドロップゾーン版ですね。
【V/R】効果から【R】限定になった代わりに、ドロップから任意のカードを置く事ができるようになりました。

 

ドロップゾーンから任意のカードをダメージゾーンへ送れるので、中盤以降はこちらの方が使い易そうです。
エンジェルフェザーはダメージゾーンのカードを手札に加える事、[R]にコールする事が得意なクランなので、間接的にドロップゾーンのカードを回収する事の出来るカードと言えますね。

裏向きのカードも選べるとは言えあちらはRRRだったのに、こちらはRで大差ないスペックですか。随分インフレしましたね。

 

今回のエンジェルフェザーがこのままプロテクトⅡを強く推してくるようであれば、ドロップゾーンから守護者を手札に加えるギミックの一端を担うこのカードの重要性は高くなるかも知れません。

 

■総括

ダメージゾーンからのコールとドロップゾーンからの引き上げ効果を持ったエンフェらしいユニットです。

 

エンフェのG2帯には「後駆の守護天使 アールマティ」と言う近縁種が存在しますが、それを加味しても採用圏内だと思います。
情報局で公開された「セクシオ・エンジェル」よりもこちらの方が高レアに相応しいのではなかろうか。