イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「忍妖 ツムジバショウ」「忍竜 コクジョウ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT05「天馬解放」収録「忍妖 ツムジバショウ」「忍竜 コクジョウ」です。残り8枠、その内2枠はG1守護者、トリガーで潰れでしょうし、あと6枠ですね。
まさかFVまで新録されていると言う事はないですよね?ない事を祈ります。

f:id:harvestfiesta:20190620104010j:plain

評価:3/5

 

■強制手札交換&捨て札のG参照自己パンプ

ぬばたまの今回のテーマはハンデスらしいので、このカードもハンデスカードに含むものと思われますが、手札を減らせもしないのにハンデスとは之如何に。

 

素直なハンデスは貰えないんですね。

いまいち納得できませんが、効果は悪くはありません。

相手に手札交換を強要し、ドロップゾーンへ送ったカードのGに依存した自己パンプを行いつつ、補充するカードは公開してから手札に加える為、事実上相手の手札を1枚ピーピングできます。

 

パンプ値が高い為、相手がガード値を温存してG3を破棄するとパワー+30000と要求値が跳ね上がり、パンプを嫌ってG0を切るとこちらの要求値は変わりませんが相手のガード値を15000or20000削れます。

 

欠点はバニラ引トリガーに極端に弱い事です。

ガード値の損失を最低限に抑えつつパンプを不発にできるので、バニラ引トリガーを採用しているデッキ相手にはかなり撃ち難いですね。

 

また手札交換を強要する効果なので、効果を使用した結果相手の手札が良くなってしまう可能性もあります。運が絡むので、こればかりはどうしようもありません。

特に序盤は相手にとって得しかない可能性も高いので、盤面をきちんと見極め乱用は控えた方が良さそうです。

 

■総括

情報局で示唆されていた今回のぬばたまのテーマ、ハンデス効果持ちのG1ユニットです。ハンデスと言うか手札交換なのですが、まぁ悪くはありません。

 

ぬばたまのG1帯は粒揃いなので「マガツ」軸、「クジキリコンゴウ」軸共にスペースを捻出するのに苦労しそうですが、どちらにも採用できそうなユニットですね。

特にG0への対抗策があると嬉しい「クジキリコンゴウ」軸に採用すると、バウンスする機会が少なくガード制限し難いG0を睨む良いファクターとなりそうです。

 

 

f:id:harvestfiesta:20190620104017j:plain

評価:3/5

 

■[R/G]登場時CC

ダメージゾーンに表のカードが無い場合のみですが、登場するだけでCCを行えるのは便利ですね。

[G]でも使用できる為、「マガツ」軸でブースト要員として使用した後に自軍バウンスで回収し、返しのターンにガード札として使用するついでにCCするのが理想的な流れですね。

 

パワーが7000とやや低い点はネックですが、使い易くユニークで良いと思います。

 

■総括

[G]でも使用できるユニークなCC要員です。

 

「マガツ」軸でバウンスしブースト要員からガード札へ切り替えるのに丁度良いユニットではあると思いますが、ぬばたまにはパワー8000で手札交換とCCを同時に行える《月下の忍鬼 サクラフブキ》が存在する為、少々微妙な立場ですね。

とは言え、手軽に使えるCCは便利なので十分に採用圏内だと思います。