イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「サンダーブレイク・ドラゴン」「ドラゴンダンサー ライライ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT05「天馬解放」収録「サンダーブレイク・ドラゴン」「ドラゴンダンサー ライライ」です。
まぁ、公開できるカードが2種あるかどうかのゴルパラは見せられませんよね。

 

f:id:harvestfiesta:20190621104017j:plain

評価:3/5

 

■前列全アタック

《ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン》がCB②も支払って付与していた前列アタックを永続で得る効果ですか…。

向こうとは違いパワーも☆も増えませんが、後攻時に素乗りするだけで使用できる効果がこれとは、なかなか優秀ですね。

 

とは言え、パンプもないただのパワー12000なので単騎でフォースを殴れるほどではありません。

ブースト込でもパワー20000にしかならないので、対フォース相手にはもう一声欲しい所です。

対プロテクトも相手がプロテクトⅡを選択していると、少々力不足ですね。

もっとも効果的なのは対アクセルです。

特に工夫もなく最低限の要求値を前列全てに突き付けられ、ガードの有無に関わらず相手は大きな損失を受けます。

 

これがノーコストとは、《ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン》とは一体何だったのか。

 

■後列ユニットを強制移動

CB①を消費するとは言え、複数のユニットを一度に移動でき、これまでのなるかみでは対処不能だった[V]裏のユニットを引き吊り出せ、更にそれを[V/R]で使用できるのですから随分優秀ですね。

 

とは言え、それもやはりアクセル以外のクランには効きが悪いですね。

移動できるのはユニットのいない前列に限られるので、アクセルクラン以外は後列から2体までしか移動させる事ができません。

移動させる順番は相手の任意でしょうから、先に左右のラインを前進させるだけで[V]裏は移動させる必要がなくなりますね。

[V]裏に限らず、最も消したいユニットだけが後列に残り続けるのは効果の性質上避けられません。

 

■総括

優秀な対アクセル用の効果を備えたG3です。

 

とりあえず、《ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン》を使っている場合は、特別な理由が無ければこちらに差し替えてしまって良さそうですね。

リザードソルジャー リキ》等、一部の強制移動系もこちらとライライのセットに枠を譲る事になりそうです。

 

 

f:id:harvestfiesta:20190621104026j:plain

評価:3/5

 

■サーチ&SC

《サンダーブレイク・ドラゴン》をサーチし、手札に加えられたら自身をソウルへ置く効果ですか。サーチとSCを一手に熟せますし、それなりに優秀ですね。

 

しかし、固有名称指定でどんなタイプのデッキにも必ず入るとは言えないユニットを指定している点がネックです。

《マシニング・ホーネット》同様、G3をサーチするだけに留めて欲しかったです。

 

■総括

《サンダーブレイク・ドラゴン》専用サーチです。

ヴァンガードには度々ありますが、固有名称指定のカードは迷惑ですね。

旧シリーズよりは幾分マシになったように感じますが、強化が来ると旧カードが殆ど駆逐されデッキが一新されるヴァンガードで、次の強化が来たら使われる事もなくなるであろうカードをピンポイントに指定されても困ります。

何故、G3全域からのサーチにしなかったのか。

 

とりあえず、SCできる点は偉いので、《サンダーブレイク・ドラゴン》を採用するのであればセット運用すべきカードです。