イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「忍竜 リグルバイター」「フォールンダイブ・イーグル」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードは「スペシャルファイトパック vol.5」収録「忍竜 リグルバイター」「フォールンダイブ・イーグル」です。
この効果でG2、パワー5000ですか。面白いですね。

f:id:harvestfiesta:20190613120522j:plain

 

評価:2/5

 

■[V]と同名が存在する時、自己パンプ

[R]に[V]と同名のユニットが存在する時、パワー+4000されてパワー12000のユニットとなる効果です。

 

う~ん…悪くはありませんが「マンダラ」サポートの一種としてみると、類似ユニットが既に複数存在するので、このユニットである必要性が少ないですね。

底上げできるラインが一つになった代わりにパワーの上がった《静寂の忍鬼 シジママル》と言う感じです。

 

■総括

分身に反応する自己パンプを持ったブースト要員です。

[R]に[V]と同名のユニットをばら撒く「マンダラ」では、複数枚のユニットを対象にできる同名ユニットをパンプする効果の方が優先度が高い為、[R]に1体しか増えない分身サポートなのかも知れません。

 

悪くはありませんが、今の所むらくもでこのユニットを採用するようなデッキは思い当たりませんね。

 

f:id:harvestfiesta:20190613120529j:plain


評価:3/5

■完全ガード型インターセプト

相手の[R]限定ですが、インターセプトを行った場合、ヒットされない効果を付与できる点は強力ですね。

 

《蒼嵐覇竜 グローリー・メイルストローム》等、インターセプトを封じる効果は、そこそこ見かけるので過信はできませんが便利な効果だと思います。

除去効果を持たないクランに対しては、有効に働くのではないでしょうか。

 

欠点はインターセプトした時なので、完全に見えている防御札でしかない所ですね。

パワーも低いので、インターセプトを行い効果を使う前にこのユニットを殴られて除去される場面も多そうです。

 

■パワー5000

《髑髏の魔女 ネヴァン》に対応するパワー5000は、利点であり欠点ですね。

 

効果の都合上、場に置いておかなくてはならないこのユニットのパワーが5000と極端に低く、パンプ効果を持たない為まともにアタックする事すら困難です。

低パワーで殴り返しに弱い点もネックですし、このユニットにライドしてしまったら目も当てられません。

 

サーチに対応している為1~2枚採用しておけば必要な時に場に出せますが、それを加味しても取り回しは悪いですね。

 

■総括

《髑髏の魔女 ネヴァン》対応のガード札です。

相手の[R]限定ですが、完全ガードになれるので、そこそこに有用ではないかと思います。

 

シャドウパラディンには、既にパワー5000の選択肢が幾つかあり、デッキ内にこれ以上低パワーのユニットを増やしたくはないので悩み処ですが、一考の価値のあるカードです。