イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

週刊ヴァンガ情報局 スペシャルファイトパック vol.3 評価

 

 


Amazon/駿河屋/あみあみ

Amazon/駿河屋/あみあみ



スペシャルファイトパック vol.3収録、《双槍の騎士 コリネウス》《お天気お姉さん そーだ》《ぷらいがる》《忍竜 トガジュウジ》《スカーレットシャッター・ドラゴン》《ドレッドチャージ・ドラゴン》《ナイト・オブ・エントロピー》《特異点を射抜く者》です。全8種なので少々多いですが見ていきましょう。

 

f:id:harvestfiesta:20181219015826j:plain

評価:2/5

 

ジャーロンさんで良い

条件を満たす事でパワー+5000されますが、ロイパラには類似効果を持つ《文武の賢者 ジャーロン》が存在し、あちらの方が条件を満たし易いので無理にこのカードを採用する理由は薄いと思います。

 

■総括

ロイパラのG2以下はアドバンテージを確保する効果を持つ優秀なユニットが犇めきあっている為、やや使い難い条件でのパンプ効果を持つこのカードを投入する為のスペースを作るのは難しいと思います。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181219015841j:plain

評価:3/5

 

■守護者を10000シールドに変換

手札のプロテクト・引/守護トリガーを1000シールドに変換する効果です。

守護制限下・ガード制限下でも使用できるユニークな防御効果ですね。

思考停止で使えれば常に使うような効果ではありませんが、役に立つ優秀な効果だと思います。

 

指定されたカードを破棄して【V】のパワーを直接上昇させているので、今の所あらゆる制限をすり抜ける事ができるのは利点ですね。

《ドラゴニック・ウォーターフォウル》、《決闘龍王 ZANGEKI》の効果中でも守護者を無駄にせずに済むのは偉いと思います。

 

■総括

ユニークな防御効果を持った優秀なG1です。

ラクルのG1は各種メイガスを筆頭に優秀なカードが多いので、このカードをフル投入する程の枠を作るのは難しいですが、デッキに採用される可能性は十分にあるカードだと思います。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181219015856j:plain

評価:1/5

 

■死に戻り

ガーディアンとしてコールしたこのカードを条件付きで使い回せる効果ですね。

かなり微妙です。

 

使用条件を鑑みるに《大いなる銀狼 ガルモール》のお供と言った立ち位置でしょうか?

或いは《月影の白兎 ペリノア》でバウンスしろと言う事かも知れません。

なにかこの効果を活かせる相方があれば活躍するかも知れませんが、難しいですね。

ガーディアンとして使用し減るはずだった手札が、そのまま盤面に置かれること自体は悪くないと思います。

 

■総括

ユニークな効果を持ったカードですが、使い難いです。

とりあえず「エイゼル」にはこのカードの入る余地はありません。

それ以外の軸であれば或いは入るのかも知れませんが、使用条件が厳しく使い難いカードなので、ほぼ使われないと思います。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181219015916j:plain

評価:5/5

 

■守護者制限

非常に強いですね。

ぬばたまは《修羅忍竜 クジキリコンゴウ》のガード制限や《忍竜 ボイドマスター》のインターセプト封じがあるので、そのカードプールに守護者制限が加わるのは非常にいやらしいと思います。汚いなさすが忍者きたない。

 

効果は強力ですが相応のコストは必要なので、機を見て適切なタイミングでぶち込みたいですね。

 

■総括

ぬばたまは比較的早く動く攻撃的なデッキなので、どちらの軸にも無理なく投入できる良いカードだと思います。

 

問題は枠があるかどうかですね。

《忍竜 マガツブレス》《月下の忍鬼 サクラフブキ》《忍妖 オボロカート》《忍竜 ドレッドマスター》と優秀なG1が揃っているので、何処と差し替えるかが難しい所ですね。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181219015923j:plain

評価:3/5

 

■前列バインド&後列牽引

幾つか気になる点もありますが、なかなか強力な効果ではないかと思います。

 

なるかみはバインドするカードは豊富にありますが相手のリアガードを前列に引き摺り出すカードに乏しく、デッキ構築に影響していたのでそこの選択肢が増えるのは喜ばしい事です。

バインドによる除去と牽引を同時に行えるうえ、起動効果なので繰り返し使用でき先出しが可能である点は偉いと思います。

 

欠点はやはりCB②と重めのコストですね。

《ロスト・レジェンド》の効果同様に、恒常的に使用できアドバンテージを稼げる効果はCB②で1アド査定のようです。

また、バインドに絡めた自己パンプを持っていない点も少々気になりますね。

なるかみのユニットは優秀な自己パンプ持ちが多く、パワーラインが高かったので、このカードは少々貧弱に見えます。

 

■総括

コストは重いですが恒常的に使用できる優秀な効果を備えたG3ユニットです。

相手のユニットを前列へ牽引する効果を持ったカードはなるかみには何枚か必要なので、繰り返し効果を使用可能なこのカードを投入する事もあると思います。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181219015931j:plain

評価:5/5

 

■チャンプアタッカー

SB①を支払う事で単騎24000になるチャンプアタッカーです。

なるかみはアクセルクランの中では飛び抜けてパワーラインが高く、比較的アクセルサークルも増やしやすいクランなのですが、そこに追加でこう言ったカードが来るとさらに詰め性能が上がりますね。

 

欠点は言うまでもなくSB①を必要とする点と、アタック後に自壊する点です。

SB①はなるかみではそこそこに貴重なので、詰め用のコストを意識しておかないとソウルがすぐに枯渇してしまいます。

自壊効果の方はフィニッシャーと割り切って運用すれば、然程気にはなりませんね。

 

■総括

ヴァンガードでは珍しいチャンプアタッカーです。

その性質上、フル投入するようなカードではありませんが、デッキに2枚程度挿しておくと役に立ってくれると思います。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181219015942j:plain

評価:3/5

 

■バニッシュデリート

【V】効果とは言え、繰り返し使用できる裏バインド効果はなかなか優秀ですね。

CCが配られるかどうかは分かりませんが、治トリガー等次第で複数回使う事も出来るでしょう。

 

裏バインドを10枚以上必要とするような効果が出たらこのカードでは追いつきませんが、そう言ったものが無ければサブ【V】としてまずまずの性能をしていると思います。

 

■条件付き自己パンプ

バインドでアドバンテージを稼ぎ、それをそのまま自己パンプに転嫁している点は優秀ですね。

パワーも+5000と自動効果の中では高い数値です。

 

さすがにこのカードの効果だけで条件を満たすのは大変ですが、他のカードでサポートを行なえば、自軍ターン中はほぼ常時パワー18000のカードとして振る舞えるでしょう。

 

■総括

バニッシュデリートとそれを活かした自己パンプ効果を持つサブ【V】候補です。

メインとしては少々地味ですが、それなりの性能はしていますね。

 

ただ、《アロマトルバー・ドラゴン》と比較すると、こちらは少々中途半端で使い難い気もします。良くも悪くも他のG3次第ですね。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181219015948j:plain

評価:4/5

 

■条件付き15000アタッカー

フォースクランの条件付き自己パンプは数値も大きく、元のパワーが高い事も相まってどれも優秀ですね。

 

普通にブーストするだけでパワー23000ラインを形成できるので使い易い部類のカードだと思います。

条件も自身のリアガードが相手よりも多い場合と、バインドで相手のリアガードを削るリンクジョーカーのクラン特性に合致しており優秀です。

 

■総括

雑な条件で自己パンプを行える《文武の賢者 ジャーロン》とでも言うべきカードです。

なかなか優秀な1枚なので他のリンクジョーカーのG2が余程優秀でない限りは、このカードの居場所もあると思います。