イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「デスティニー・ディーラー」「ネオンメサイア」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB07「The Heroic Evolution」収録 「デスティニー・ディーラー」「ネオンメサイア」です。
あっさりと呪縛が戻ってきましたね。

 

f:id:harvestfiesta:20190412103932j:plain

 

評価:4/5

 

■登場時、デッキトップを呪縛状態で[R]にコール

[V]登場時にノーコストでデッキトップをコールする効果です。

正確にはコールではなく呪縛カードとしておくなので、解呪されるまで使用できずタイムラグはありますがノーコストで盤面を増やせるのは優秀ですね。

 

下の効果はちゃんと「見て」と明記されているのに対して、こちらは「見て」が省かれていますが、いつもの略式難解テキストなだけなのか、確認する事ができないのか、どちらなのでしょう?

 

シンプルスピーディーと宣って、わざわざコンマイ語化させている所が面白いですね。

そんなところまで遊戯王の後追いをしなくとも良いのに。

 

無時エラッタが入りました。

確認して良いようですね。これで安心して使えます。

 

■SB①デッキトップを呪縛状態で[R]にコール

[R]効果はコストが必要ですが毎ターン使用でき、事実上自身のソウル1枚を場のカード1枚へと変換する効果です。

解呪のタイムラグは発生しますが、こちらも低いコストで展開でき優秀ですね。

 

リンクジョーカーのG1には類似の展開効果を持つ《黒門を開く者》も居ますが、あちらはタイムラグなく使える代わりに相手のリアガードが2枚以下と裏バインドと併用し場を整えてから使用する必要がある為、どちらも一長一短ですね。

 

■総括

自軍呪縛からの展開と言う少々迂遠ながらも、低いコストで展開できる効果を持った優秀なG1ユニットです。

 

呪縛状態で場に出る為、即応性に乏しくやや使い難そうではありますが、効果の使用条件が相手の場に依存している《黒門を開く者》と枠を競る程度の性能はあると思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190412103937j:plain


評価:-

■いつもの

リンクジョーカーだけで何種FVを出す気なのでしょうか。

控えめに言って頭がおかしい。

 

恐らく種族なり名称なりを指定され、意味があるものと思いますが、「サイバードラゴン」は何の意味もなかったので、楽観はできません。

 

そもそも僕の分身と言いつつ犬から始まる状態を、何故スタン落ちの時に是正しなかったのか。

 

■総括

リンクジョーカー4種目のG0FV互換です。

収録される度にFVを1枚以上収録する決まりでもあるんでしょうか。

 

今の所存在価値のないゴミです。

このカードを指定するカードが強ければこのカードをFVに選択する意味もありますが、現状では余った《星骸者 ルールリ》や《マイクロホール・ドラコキッド》で代用しても何ら問題ありません。

 

これを見せるのであれば、一緒にこのカードを指定するカードを見せるべきだと思いますが、まぁそれが出来るのであれば獣王爆死もレギオンショックもゼロスドラゴンも無かったでしょうね。