イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

主にヴァンガード等、TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです

【ヴァンガード】 「絶対無敵の恐怖の大王 ノストラダムス」「清純なるマーメイドディーヴァ ローレライ」「八岐ノ贄姫 クシナダ」評価

絶対無敵の恐怖の大王 ノストラダムス

f:id:harvestfiesta:20210629120929j:plain

評価:2/5

【自】:このユニットが《V》か《R》に登場した時、【コスト】[SB①]することで、そのターン中、このユニットのパワー+10000。

 

【自】【《V》】:このユニットがアタックしたバトル終了時。このターンにあなたがペルソナライドしているなら、あなたのユニットを1枚選び、そのターン中、パワー+10000/★+1。

登場時自己パンプ

シンプルなcip型パンプ能力ですね。

 

ソウルコストを必要とする点がネックですが、その分上昇値が大きく、単騎でダメージトリガーをケアした数値を出せます。

ブースト前提の能力が多いモンスト勢の中では珍しく単騎で完結しているのでなかなか便利ですね。

 

《V》《R》を問わず登場した際に発動するので、このカードをライドラインに組み込めばペルソナライド時には都合20000のパンプを受けられる点は魅力ですね。

要求値が大きく伸びるので決定力はありそうです。

 

反面、場に居座るとバニラ化してしまい、その貧弱さを晒す事になります。

cipとペルソナ前提の能力しかないので、モンスターBOXを活用してコンスタントにペルソナライドしていきたいところです。

 

ペルソナ時他者パンプ

能力②はペルソナ時限定の他者パンプ。

 

パワー+10000/★+1できるのでなかなか優秀ですね。

ペルソナライドと併せてパワーが20000上昇し★2になるのは偉い。 

前提のペルソナライドもモンスターBOXのお陰である程度安定して行えますし、これをノーコストで行えるのは悪くありませんね。

 

総括

ノストラダムスとか、私が子供の頃には既に廃れていたのですが、今の子達に通じるのでしょうか?

 

能力の方はcip時の自己パンプと、ペルソナ前提の他者パンプです。 

どちらも上昇値が大きく悪くはありませんが、被ペルソナ時の貧弱さはどうしようもありませんね。

一応、モンスターBOXで多少のフォローはできますが、「真なる絆の聖剣 エクスカリバー」を《V》にする方がいい気がします。

《R》としては悪くないと思います。

 

清純なるマーメイドディーヴァ ローレライ

f:id:harvestfiesta:20210629120910j:plain

評価:3/5

【自】【《R》】:このユニットがブーストされた時、【コスト】[CB①]することで、そのバトル中、このユニットのパワー+5000。このユニットと同じ縦列の、相手のリアガードすべては、次の相手のスタンバイフェイズに【スタンド】できない。

パラライズ

ブーストされた時、コストを支払い自己パンプと、縦列にパラライズ!

 

パラライズすぐ奪われますね。

以前も人魚に奪われていませんでしたか?

 

素のパワーが8000と低く、コストを消費しなければ要求値を出せない点、相手からのアタックに弱い点がネックですが存外悪くありませんね。

 

カウンターこそ消費してしまいますが、パンプ値が5000あるので最低限の要求値は捻出でき、相手のスタンドを封じる事で《R》張り替えによる手札消費の加速や、アタック回数を減少させ自身の手札消費を抑える事ができます。

どちらに転んでもCB①分の価値はあるでしょう。

 

 

総括

Dシリーズ初のパラライズ搭載ユニットですね。

元ネタのイメージに合っていて良いと思います。

 

カードとしても優秀ですね。

基礎パワーが低い点がネックですが、パンプによりきちんと要求値を出せるようになりますし、楯列対象のパラライズが凶悪です。

 

八岐ノ贄姫 クシナダ

f:id:harvestfiesta:20210629120844j:plain

評価:3/5

【自】【《R》】:このユニットがヴァンガードをブーストしたバトル終了時、そのアタックがヒットしていて、このターンにあなたがペルソナライドしているなら、【コスト】[CB③]することで、あなたの他のリアガードすべてを【スタンド】する。

他全《R》スタンド

ペルソナターンにブーストした《V》アタックがヒットしら、CB③を支払い他の《R》すべてをスタンドする豪快な能力です。

耀原作再現ですね、これは面白い。

コストは非常に重いですが、強力です。

ペルソナライド前提、CB③消費と厳しい制限が付いていますが、これが決まれば勝ちまで持っていけそうです。

 

前提のペルソナライドはモンスターBOXによる手札交換である程度フォローできますし、アタックのヒットはペルソナライドによる前列パンプやドライブチェック等でフォローされているので十分狙えますね。

この効果を防ぐためにダブルトリガーをきっちり勘案した数値で守り続けてくれるのであれば、それはそれで得ですし良いですね。

 

欠点はそのコストの重さと、《V》アタック限定で腐りやすい事です。

 

この効果を発動するために常時CB③をキープしたプレイングをするのはなかなかに厳しいものがありそうです。

構築段階からCB消費を抑えめにした構成にしなくては活かせそうにありません。

 

効果の都合上仕方のない事ですが、《V》をブーストした時限定なので《V》裏以外に身の置き場がなく腐りやすいのもネックですね。

 

総括

この娘もストライクショットですね。

原作通りのボイスのようですが、これでイメージ通りなのだろうか。

 

能力の方も原作再現のようです。

重いCBコスト、ペルソナ限定、ヒット時効果、厳しい制約を付けただけあってペルソナライド状態でブースト込みの5パンを放つ事ができます。

 

相手《V》のパワーを0にする「因果律の悪魔 ラプラス」、《R》パンプの行える「絶対無敵の恐怖の大王 ノストラダムス」とは比較的相性が良く、《R》スタンドが被っている「真なる絆の聖剣 エクスカリバー」とは相性が悪いので「エクスカリバー」軸以外であれば採用を見込めそうです。