イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

主にヴァンガード等、TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです

ヴァンガード 「幻夢の六花 シラユキ」評価

三が日ぶっ通しセール
Amazon/駿河屋


今回のカードはSS09「クランセレクションプラス Vol.1」収録「幻夢の六花 シラユキ」です。

 

f:id:harvestfiesta:20210101103514j:plain

評価:4/5

■旧シラユキ扱い

【永】【山札/ドロップゾーン】:このカードは「夢幻の風花 シラユキ」としても扱う。

 

自身の名称を「夢幻の風花 シラユキ」としても扱う効果ですね。

シラユキサポートは全て固有名称指定ですが、この効果により既存のサポートをそのまま受ける事ができ、「夢幻の風花 シラユキ」「忍妖 ジャコツガール」「忍妖 レイニィマダム」の効果でサーチ・サルベージが可能になります。

既存のサポートが共有できるのは便利で良いですね。

 

■守りのパワーを減衰

【自】【《G》】:登場時、【コスト】[SB②]することで、相手の前列のユニットを1枚選び、そのバトル中、パワー-30000。

 

夢幻の風花 シラユキ」の登場時効果を踏襲したデバフ効果ですね。

あちらが【《V》/《R》/《G》】登場時、多対象、ターン持続なので攻守に渡って使用できるのに対し、こちらは【《G》】登場時、単体、そのバトル中のみと防御専門で若干扱い難くなった代わりに減衰値が-30000と守護者並の数値をしており、「夢幻の風花 シラユキ」との差別化ができていますね。

 

単体効果なので《R》も含めたアタック回数で攻めるタイプは苦手ですが、高火力が犇めく環境ではこちらの方が頼りになります。

またその性質上、「トップアイドル リヴィエール」のようなスペリオルライドを絡めた連パンも苦手ですね。

ソウルコストが重く、乱用しにくい点も気にかかります。

ソウル事情に関しては残りの枠でサポートが入る可能性もあるので、そこ次第でしょうか。

 

■攻めのパワー減衰

【自】【《V》/《R》】【ターン1回】:あなたのユニットのアタックがヒットしなかった時、「シラユキ」を含むあなたのヴァンガードがいるなら、【コスト】[CB①]することで、相手の前列のユニットを1枚選び、そのターン中、パワー-10000。このユニットが《V》にいるなら、あなたのドロップゾーンから「シラユキ」を含むカードを1枚ユニットのいない《R》にコールしてよい。

 

こちらの減衰効果も優秀ですね。

ターン中、相手ユニットのパワーを-10000できるので、事実上、自軍前列のユニットすべてにパワー+10000するようなものです。

 

アタックするユニットがこのユニットに限らず、「あなたのユニット」となっている点も良いですね。

隠密魔竜 ヴィアメルフドウ」等のアタック時に消えるユニットと併せればユニットのいない《R》を用意でき連パンできますし、残りの枠にアタック後ソウルに入るユニットが居れば尚良いです。

ドロップゾーンから「夢幻の風花 シラユキ」を出せればさらにパワー減衰がかかるのも面白い。

 

■総括

新機軸の「シラユキ」です。

 

夢幻の風花 シラユキ」とサポートを共有でき、2種のパワー減衰効果もなかなか優秀なので専用デッキが作りたくなります。

また《V》にいれば連パン効果が使えますが、《V》に拘る必要が薄く「看破の忍鬼 ヤスイエ」に混ぜたりしても面白そうですね。