イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 「スター on ステージ プロン」評価


Amazon/駿河屋


今回のカードは「Twinkle Melody」収録「スター on ステージ プロン」です。

 

f:id:harvestfiesta:20201121132057j:plain

 評価:5/5

■【旋律】

【旋律】(あなたの【旋律】をすべて共有する)

 

【旋律】効果を共有する共通効果ですね。

このカードの【旋律】には特殊な効果はありませんが、これがあるだけで他の【旋律】効果の恩恵を受けられますし、「トップスター チェル」のサーチ効果の対象になるので持っているだけで偉いです。

 

 ■ソウルの【旋律】をコピー

【永】【《V》】:各メインフェイズと各バトルフェイズ中、このユニットは「スター on ステージ プロン」以外の、【旋律】を持つあなたのソウルすべてが持つ能力をすべて得る。

 

ドラゴニック・オーバーロード “The X”」のような、ソウルのテキストをコピーする効果ですね。

こちらは特殊なコストもなくソウルの【旋律】持ちすべての効果を得るので、よりエグく、より夢があります。

これは楽しい。

 

【旋律】持ちの【旋律】以外の効果を含むすべてをコピーでき、同名の【旋律】持ちがソウルにあれば重複する点も偉いですね。

カラフル・パストラーレ ソナタ」が複数枚ソウルに入れば、その分だけパンプが重複し、さらに本来《V》でターン1回しか使用できない山札からのスペリオルコール能力も複数回使用できます。ヤバイですね。

カラフル・パストラーレ カノン」のSC付与がより重要になりました。

 

これはもう、すべての【旋律】持ちは最終的にプロンの糧となる形ですね。

以降【旋律】はプロンとそれ以外に別けられます。

 

■【旋律】をソウルに入れ1ドロー&ギフトを得る

【起】【《V》】【ターン1回】:【コスト】[CB①、【旋律】を持つリアガードを1枚ソウルに置く]ことで、1枚引き、相手のヴァンガードがグレード3以上なら、あなたはイマジナリーギフト・フォースかアクセルかプロテクトを1つ得る。

 

【旋律】持ちをソウルに入れて1ドローする1:1交換効果です。

フルスペックを発揮しない場合、CB①を支払い《R》を消費して1ドローなのでCB効率としては非効率的ですね。

 

しかし、【旋律】はソウルに入ることがそのままメリットになるので、《R》の消費は然程気にせず手札に変換できます。

能動的に任意の【旋律】をソウルに入れることができ、その損失分の補填も付いた効果なので純粋なSCよりも使い勝手が良いですね。

 

さらにフルスペックなら任意のギフトを不正受給できます。

ハートを独り占め アネシュカ」が強い縛りを受けて使用していた効果を、3種取得ではなくなったとは言えこんなに手軽にやってくるとは思いもよりませんでした。

起動効果なので毎ターン使用できる点が強いですね。

【旋律】をソウルに入れた分は1ドローで戻ってきますし、ほぼほぼCB①のみで任意のギフトを不正受給できます。

 

毎ターン、プロテクトⅠを取得し完全ガードを握るか、アクセルⅡで手札を補充しながら「カラフル・パストラーレ ソナタ」の効果でスペコするためのスペースを増やすと強そうです。

 

■総括

やたらと効果を盛られた【旋律】軸の新エースです。

 

ソウルに入った【旋律】持ちの効果すべてをコピーできるので、【旋律】持ちの《V》限効果の両立や複数回起動ができる点が良いですね。

非常にエグい。夢が広がります。

 

そしてルールをぶち壊す、任意のギフトの不正受給効果。

G3なのに祝福されない子だっているんですよ!

CB以外に【旋律】持ちの《R》を吸い込む必要がありますが、【旋律】がソウルに入るのは得ですし、その損失分は1ドローで相殺できているので、ほぼCB①でギフト1つを得ています。

どれを選んでも強いと思いますが、パンプは十分なのでフォースⅠ・プロテクトⅡは避け、アクセルかプロテクトⅠを選びたいですね。

 

どちらの効果も優秀でカードだけで見ると凄いインパクトですね。

もうこれよりも強い《V》用【旋律】持ちは出ないと思います。

 

残る問題はデッキに巧く落とし込めるかなのですが、結構難解な気がします。