イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 「透き通る魅力 セレディ」「深紅の驚喜 フェイル」評価


Amazon/駿河屋


今回のカードは「Twinkle Melody」収録「透き通る魅力 セレディ」「深紅の驚喜 フェイル」です。

誰だお前…。 

 

f:id:harvestfiesta:20201109105454j:plain

評価:3/5

■同名サーチ

【起】【《V》】【ターン1回】:【コスト】[CB①]することで、あなたのユニットを1枚選び、山札かドロップゾーンからそのユニットと同名のカードを1枚まで探し、公開して手札に加え、山札から探したら、山札をシャッフルする。

 

場のユニット1枚と同名のカードをサーチする効果ですね。

 

CB①を消費しますが、山札・ドロップから確定でサーチを行えるのは良いですね。

自身の効果②と噛合っていますし、コストさえ支払えれば毎ターン手札を増やせるので悪くはないと思います。

 

サーチ対象がノーマルユニットに限定されていないので、1枚を《R》に出しさえすれば山札・ドロップから「煌きのお姫様 レネ」をサーチすることもできる点はなかなか魅力的ですね。

《R》に出した「煌きのお姫様 レネ」は「トップアイドル アクア」で手札に戻すこともできます。

 

便利な効果ですが、《V》限なのは残念です。

《R》でも使えればもっと色々とできそうだったのに、ままならないものです。

 

■手札の同名公開で《R》パンプ

【自】【《V》】:あなたのリアガードがアタックした時、あなたの手札からアタックしたユニットと同名のカードを望む枚数公開し、公開されたカード1枚につき、そのターン中、そのユニットのパワー+10000。

 

手札からアタックした《R》と同名カードを公開することで、そのユニットをパンプする効果ですね。

 

少々条件は特殊ですが、1枚当たりの上昇値が高く、公開用カードは自身の効果①で引き込むことができますし、手札を公開する以外のデメリットがないので気軽に使える点が良いですね。

この効果と類似した効果を持つ「トラブルバラドル プレシブ」と組み合わせると、数値がさらに膨れ上がって楽しそうです。

 

■総括

同名縛り、非名称の《V》用ユニットです。

 

緩い条件でアドバンテージを稼げるサーチ効果と、手札を公開するだけで大幅パンプを行える《R》パンプ効果、どちらも優秀だと思います。

ただ《V》自身はパンプ効果の恩恵を受けられず、《V》限効果を二つぶら下げているにしては大人しい印象ですね。

 

非名称同名縛りで優秀なメイン《V》が来れば、サブ《V》として活用できるかもしれません。

 

 

f:id:harvestfiesta:20201109105502j:plain

評価:-/5

■バニラドロー

 

何の変哲もないバニラドロートリガーですね。

そろそろ「ドキドキな夢!」のように枚数制限を緩和しても良いと思うのですが、なんなんだろう。

 

イラストが綺麗なので個人的には「ジョイフルアラカルト イルマ」よりも、こちらの方が好みです。

 

■総括

ごく普通のバニラドローです。

 

キャラクターも背景も綺麗ですね。

ジョイフルアラカルト イルマ」に拘りがなければ、こちらを使えば良いと思います。