イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 「トップアイドル アクア」評価


Amazon/駿河屋


今回のカードは「Twinkle Melody」収録「トップアイドル アクア」です。

元バニラが随分と様変わりしましたね。

 

f:id:harvestfiesta:20201107124437j:plain

 評価:4/5

■ライン形成時自己パンプ

【永】【《V》/《R》】:あなたのターン中、このユニットと同じ縦列にあなたの他のユニットがいるなら、このユニットのパワー+5000。

 

ブースト要員をつけるだけで自己パンプがかかるのは便利ですね。

上昇値は+5000とフォースにしては物足りませんが、容易に23000ラインを形成できるで悪くはないでしょう。

 

最悪、グレード2を後列に配置して単騎15000として運用する事もできますし、ノーコストで行えるパンプ効果としては優秀な部類だと思います。

 

■自陣バウンス&手札交換

【自】【《V》/《R》】:登場時、あなたの《R》の他のノーマルユニットを1枚まで手札に戻し、戻したら、1枚引き、手札を1枚捨てる。この能力は同名カードを含めて各ターン1回まで使える。

 

自陣バウンス効果です。

スタンのバミューダにはあまりバウンスしている印象はありませんが、旧バミューダを知る身としては懐かしさを感じます。

 

バウンスによってcip効果を使いまわすことができるので、「甘美なる愛 リーゼロッテ」を戻して効果を使いまわせると強いですね。

トリガーも戻せればリーゼロッテの効果で捲れたトリガーを《R》に出して、用が済んだら手札に回収する動きもできたのですが、さすがに高望みだったようです。

 

おまけの手札交換も優秀ですね。

こちらはドロー処理が先に来ているので、アドバンテージこそ得られませんが、増えた手札の中から不要な札を選んで捨てることができ、手札の質が悪くなるような事態に陥りません。

デッキを掘り進めることができるので、ライド補助やキーカードを拾い集めるのに便利ですね。

 

■総括

懐かしのバニラが大幅強化されてリメイクされました。

 

単体では機能せず、パンプ値も大きくはありませんが、緩い条件で発動しコストもかからない自己パンプ効果。

こちらも単体では機能しませんがノーコストかつ【《V》/《R》】使用可能な自陣バウンスと手札交換のセット。

優秀な二つの効果を兼ね備えたカードなので採用の余地はありそうですね。

 

ただ非名称なので枠が厳しいです。

名称持ちと名称サポートを優先したいので、このカードを差し挿む余地をどこから捻出するかが問題です。