イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

主にヴァンガード等、TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです

どこヴァン「遮断の抹消者 ヌスク」「雷鞭の抹消者 スハイル」「抹消者 ドラゴニック・ディセンダント」評価


Amazon/駿河屋


今回のカードはBT12「天輝神雷」収録「遮断の抹消者 ヌスク」「雷鞭の抹消者 スハイル」「抹消者 ドラゴニック・ディセンダント」です。

懐かしい。

 

f:id:harvestfiesta:20201010065538j:plain

評価:5/5

■「抹消者」サーチ

【自】【《V》/《R》】:登場時、あなたの山札を上から5枚見て、「抹消者」を含むカードを1枚まで公開して手札に加え、山札をシャッフルし、加えたら、手札を1枚捨てる。

 

哀慕の騎士 ブランウェン」互換が持つサーチ効果の名称指定版です。

あちらと同じく手札交換でしかないのでアドバンテージは稼げませんが、G指定がないので手札の不要な札を捨ててその時一番必要な札を手札に加えられ便利ですね。

この効果をノーコストで使用できるのですから、文句のつけようもありません。

 

効果を活かす為には再ライドが必須のディセンダントの為にG3を引き込む目的以外にも、ライド事故回避にG2をサーチしたり、ガード用に「抹消者」名称持ちトリガー「蠱毒の抹消者 セイオウボ」を引き込んだりできます。

早速非名称の「ドラゴンダンサー イルジーナ」が微妙な感じになりましたが、わざとやっているの?

 

いっその事「抹消者ワイバーンガードガルド」が復活したりしないものでしょうか。

このカードのお陰で名称持ちが明確なメリットになりますね。

トリガー含めて「抹消者」で固めたくなります。

 

■総括

「抹消者」限定万能サーチです。

 

アドバンテージこそ稼げませんが、不要な札を選択肢の中から最も有用な札に変換してくれる優秀なカードです。

こんなカードがあるのであれば、名称持ちで少々使い時を選ぶようなカードもピンポイントで採用する事ができるかも知れません。

デッキの自由度を上げてくれる良いカードですね。

 


f:id:harvestfiesta:20201010065529j:plain

評価:4/5

■追加された《R》に置くと自己パンプ

【永】【《R》】:追加された《R》にいるなら、このユニットのパワー+5000。

 

ブラットアロー・ドラゴン」と同じ自己パンプ効果ですね。

緩い条件でパワー+5000もされるのでシンプルながら優秀です。

アクセルのパンプと併せて19000ないし、24000で殴れるのは素直に偉いです。

自ターン制限もないので若干殴り返しに耐性がある点も良いと思います。

 

■登場時手札交換&バインド

【自】【《V》/《R》】:登場時、「抹消者」を含むあなたのヴァンガードがいるなら、【コスト】[手札を1枚捨てる] ことで、相手の前列のリアガードを1枚選び、バインドし、あなたは1枚引く。

 

払ったコストが戻って来る!!じゃないが…。

ノーコストで1枚分のアドバンテージを生み、ついでに先に捨てる弱いタイプとは言え手札交換も行える。

「抹消者」名称持ちG2ユニットの【《V》/《R》】効果なのでこのユニットからディセンダントライドした際にも使用できますし便利ですね。

 

今までCBやSBで1体をバインドしていたのは何だったのでしょうか。

 

■総括

地味に貴重なコピーしても使える効果を持った名称持ちG2ユニットです。

 

今の所見えている範囲ではG2からディセンダントにライドする場合は、このカードが筆頭候補ですね。

コピーを考えずに普通に使っても優秀ですし、アクセルに置くだけで勝手に膨らむのも便利です。

 


f:id:harvestfiesta:20201010065518j:plain

 評価:4/5

 ■ライド時コピー効果

【永】:このカードがライドする際、あなたのヴァンガードが「抹消者」を含むユニットなら、そのターン中、このカードはそれらが持つ能力をすべて得て登場する。

 

またコピー効果ですね。

もうすっかり櫂くんのカードはこんなのばっかりなイメージになってしまいました。

 

名称指定こそありますがライド元のG2orG3ユニットの能力全てをコピーできるので、色々と悪い事が出来そうで夢が広がりますね。

こう言う夢の多いカードは大好物です。

残念ながら今の所対象は然程多くはありませんが、素直に使っても強いですね。

 

特に「抹消者 ガントレッドバスター・ドラゴン」をコピーしたフルパワー状態のスペックが凄い。

自己パンプを持たないディセンダントに大幅パンプと★増加が追加され、自前のスタンド効果と合わさる鬼畜の所業。

元々自己完結していた「抹消者 ガントレッドバスター・ドラゴン」にVR並みの性能が加算されるのですから、強くて当然ですね。

これでRRRかぁ…。

 

フルスペックが発揮できれば強いのですが、G2からの順当ライドはかなりスペックが落ちる印象ですね。

既存のG2抹消者2種の内「覇軍の抹消者 ズイタン」は《R》効果オンリーなので意味がなく、もう一方の「妖剣の抹消者 チョウオウ」もバインド&釣り出しができるだけであまり旨味がありません。

これならば「雷鞭の抹消者 スハイル」をコピーした方が優秀ですね。

相方が用意できるのであれば、いっそ「雷砲の抹消者 コーソン」の方が良さそうです。

 

またフルスペックを発揮できないパターンには、ディセンダントにディセンダントを重ねる形もありますね。

こちらはバインド効果が二つに増えるので除去できる回数が増える事と、《V》スタンドが二つに増える事で2回までスタンド可能になる事が利点ですが、自己パンプを持たない欠点を解消できず★も増えないのでパワー12000でスタンドしてもなと言う感じです。最終的にドライブ0になる点も相まって微妙ですね。

 

■バインド&釣り出し

【起】【《V》/《R》】ターン1回:【コスト】[SB①]することで、相手の前列のリアガードを1枚選び、バインドし、相手は自分の後列のリアガードを1枚選び、ユニットのいない《R》に移動させる。

 

ソウルコストで起動できるバインド効果です。

カウンターコストを圧迫せずに使用できるので悪くはありませんが、スハイルを見た後だと見劣りしますね。

コストを食うのであればパンプも付けて欲しかったです。

 

一応、【《V》/《R》】で使用可能な点は偉いかなと思います。

 

■《V》スタンド

【自】【《V》】ターン1回:アタックがヒットしなかった時、【コスト】[CB①、手札を1枚捨てる]ことで、このユニットを【スタンド】し、そのターン中、ドライブ-1。

 

旧版を踏襲した《V》スタンド効果ですね。

各種ディセンダントは毎回この手の効果を持っていたので、今回もきちんと《V》スタンドが付いている点は良いと思います。

 

コストもCB①・手札1枚と軽く、手札の損失分はドライブチェックで賄えるのも良いですね。

コストに「抹消者」指定もありませんし使い易くて良いと思います。

 

ただ「デトニクス・ドリルドラゴン」のようにスタンド時に自己パンプできるわけではないので、火力不足を感じますね。

巧くコピーテキストでパンプ効果を得ておきたい所です。

 

■総括

VRの如き盛った効果を引っ提げて帰って来たディセンダントです。

 

やはり目につくのはコピーテキストですね。

抹消者 ガントレッドバスター・ドラゴン」の上に重ねたくなりますが、追加のG2「抹消者」次第では順当ライドだけでも十分戦える可能性がありますね。

 

自己パンプを持たないのでそこを補ってやる必要はありますが、足回りが強化されたおかげで使い易くなりそうですし、面白いデッキになりそうです。