イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

主にヴァンガード等、TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです

ヴァンガード 今日のカード「恩威の騎士 ベレンガリア」「先を行く賢者 ペイロン」評価


Amazon/駿河屋


今日のカードはBT12「天輝神雷」収録「恩威の騎士 ベレンガリア」「先を行く賢者 ペイロン」です。

なかなか面白いですね。 

これがエイゼルの妃と言う事で良いのかな?

 まさかこの名前、このフレーバーで獅子王と何ら関係が無いと言う事は無いと思いますが、ヴァンガードだからなぁ…。

 

f:id:harvestfiesta:20201008103701j:plain

評価:3/5

■登場時コスト回復

【自】【《R》】:カードの能力で登場した時、以下のどちらかを行う。

・【コスト】[CB①]することで、SC①。

・【コスト】[SB①]することで、CC①。

 

真実の聴き手 ディンドラン」に続く、コスト回復要員です。

あちらとは違いSCを行える点が利点ですが、1ドローが選択肢にあり、自己パンプも搭載している「真実の聴き手 ディンドラン」に比べると少々見劣りしますね。

SCを行えるのは偉いのですが、さすがにCB①を消費してSC①では割に合わないように感じます。

 

真実の聴き手 ディンドラン」との二者択一であれば競り負けそうな印象ですが、素直な性能ですし悪くはありませんね。

何某かの効果でコールしつつCCを行えるのであれば、これはこれでありだと思います。

CBを消費してこれを呼んでしまっては本末転倒ですが、グルグウィントの効果でついでに出てくる分には優秀です。

 

■総括

シンプルな性能のコスト回復要員です。

 

SCの方は若干コスパが悪いように見えますが、CCは条件も緩く扱い易いですね。

選択肢にドローがありませんが、ほぼほぼG2版「真実の聴き手 ディンドラン」として扱えると思います。

 

CC要員として見れば「真実の聴き手 ディンドラン」と言う競合先がありますし、ゴルパラのG2枠にこれを差し挟む余地はあまりなさそうですが、なかなか優秀なので選択肢としては悪くはないと思います。

 

 

f:id:harvestfiesta:20201008103713j:plain

評価:-/5

■治トリガー

 

こちらも新規かな?

 

イラスト・フレーバー的に薬師、薬剤師のようなキャラのようですし、治トリガーはあっていますね。

可愛らしくて良いと思います。

エリクサー・ソムリエ」よりは好きです。

 

魔術が存在する世界観なのにゴルパラの治療は薬品オンリーなのだろうか?

旧版からずっと魔女も天使も薬を扱うキャラばかりに思います。

 

設定的にはロイパラの下部組織と言うか、内部分裂した組織なのでロイパラで散見される賢者が居てもおかしくはありませんが、ゴルパラに賢者が居るのは地味に珍しいですね。

マロンの設定を鑑みるに大学があるようですが、学徒動員するような世界観ではないようなので、勝手に従軍しているマロン以外の賢者が珍しいのも当然なのかも知れません。

むしろ、ロイパラにチラホラいる事の方が妙なのか。

 

■総括

薬師の巨人です。

 

ゴルパラの治トリガーはずっとおっさんだったので、漸く解放されますね。

エリクサー・ソムリエ」よりは華があって良いと思います。