イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「ブレット・ライナー」「アサルティング・ババリアス」「ライアー・リップ」評価


Amazon/駿河屋


今日のカードはBT10「虚幻竜刻」収録「ブレット・ライナー」「アサルティング・ババリアス」「ライアー・リップ」です。

これでRですか、査定低いなぁ。

 

 

f:id:harvestfiesta:20200813104156j:plain

評価:1/5

■自身のサークルにフォースがあれば自己パンプ

【自】【《V》/《R》】:あなたのターン中、このユニットのサークルにフォース・マーカーがあるなら、このユニットのパワー+10000。

 

プロヴォーク・ニードル」「エレベーション・ワイドアウト」のG3版ですね。

G1・G2とは違い《V》でも使用可能になっており、僅かにパワーアップしています。

系統としてはフォースをボールに見立てて云々の流れのカードなので、「デッドヒート・ブルスパイク」の強化になるでしょうか?

 

とりあえず、フォースⅡを敷いてもパワーが上がる点は評価できますね。

ノーコストですし、そこまで弱くはありませんが、デッキ圧縮をしなくなった「ジャガーノート・マキシマム」と考えると、う~ん。

 

■総括

フレーバー通りですね。

仕込みさえきちんとしてあげれば、パワーラインは相応に高くなるので決勝点をもぎ取れなくも無いはずです。

 

★2とパワー+10000も両立できるので悪くは無いはずなんですが、デッキ圧縮をしなくなった「ジャガーノート・マキシマム」を採用するのか?

そもそも「逸材 ライジング・ノヴァ」がギフトの両取得をできる時点でいまいち魅力いが…。

G3ユニットなので「逸材 ライジング・ノヴァ」のコピー元になれますが、その為に入れるのであればもっと別のG3に枠を回したくなりますし、微妙な感じです。

 

ジャガーノート・マキシマム」の採用枠を脅かすかも知れないなぁぐらいの存在です。

 

 

f:id:harvestfiesta:20200813104202j:plain

評価:3/5

■フォース依存シールド増加

【永】【《G》】:あなたのサークルのフォース・マーカー1つにつき、このyニットのシールド値+5000。

 

打って変わって、こちらは良いですね。

フレーバーも実に適切です。面白い。

 

「逸材 ライジング・ノヴァ」であれば、1回のライドで2つのフォースを得られるので、一挙にシールド値を10000引き上げる事ができますね。

「逸材 ライジング・ノヴァ」はデッキ内のG3比率が高めになりそうですし、噛み合っていると思います。

 

残念ながらパワーは増えませんが、その点はフォースが解決してくれるでしょう。

 

■総括

シールド値が増えるG2です。

 

G3多めの構成になりデッキ内のシールド値が下がるであろう「逸材 ライジング・ノヴァ」と相性の良いフォース数依存のシールド値増加を持つので、枠さえ確保できれば採用したいですね。

 

フレーバー・イラストも文句無しです。

 

 

f:id:harvestfiesta:20200813104207j:plain
評価:-/5

■★守護者

 

旧版同様ダミーのボールを持っていますね。

嘘で欺いて点を取ると言うキャラクター性だったので、爆発こそしていましたが旧版も他の互換に比べればそこまで攻撃的な感じではありませんでしたし、比較的違和感は少ないですね。

今までの被害者に比べれば随分マシです。

 

しかし、嘘吐きと言うキャラ性が蔑ろにされ、何故か頭の緩い事を言いながらバリアを張っている不思議な子になっています。

フレーバーはもう少しどうにかならなかったのでしょうか?

 

やはりこのサイクルを守護者にリメイクするのは無理があると思います。

誰もおかしいと思わなかったのだろうか。

 

■総括

今日の被害者、スパイクの場合。

 

剣持って謎のバリアを張るよりは幾分マシでしょう。

別に剣士がバリアを張ってはいけないとは言いませんが、無理にリメイクする必要も無かったわけで、特に意味のない変更のせいでキャラが歪んでいるのは頂けません。

 

惑星クレイがどうのとか、架空戦記を重要視している割に世界観に対する扱いが雑ですね。

さすがにここまで露骨に雑だと、私のように愚かで騙されたがりな消費者でも気付いてしまいますよ。

私は幸せでいたいのです。

上手く騙し続けて下さい。