イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

週刊ヴァンガ情報局「スターコール・トランぺッター」評価


Amazon/駿河屋


今回のカードは「スペシャルデッキセット マジェスティ・ロードブラスター」収録「スターコール・トランぺッター」です。

シャドパラの方にダークボンドは居たのに本家は長らく収録されませんでしたが、漸く出てきました。 

 

f:id:harvestfiesta:20200429104612j:plain

評価:4/5

■ドロップ回収

【V/R】登場時、CB①、SB①

ドロップゾーンから「ブラスター」を含むカードと「光と影、交わる時」を1枚ずつ手札に戻す。

 

コストは重めですが、最大で2枚分のアドバンテージを得られるのは偉い。

専用オーダーを回収できるお陰でドロップゾーンに居ない方はサーチできるので、この効果から即座に「ブラスター・ブレード」「ブラスター・ダーク」を揃える事も出来ますね。

 

オーダーの効果を鑑みるに、「マジェスティ・ロードブラスター」は「ブラスター・ブレード」「ブラスター・ダーク」を揃える必要があるようなので、これ1枚で双方を揃えられるのは重要そうです。

 

欠点はコストが重めなのでサルベージ・サーチした「ブラスター・ブレード」「ブラスター・ダーク」の登場時効果まではコストが回りそうにない点。

 

加えて、あくまでこのユニットが触れる領域はドロップゾーンのみなので、ある程度ドロップゾーンが増えた中盤以降にしか効果を有用に使えない、立ち上がりが遅い点です。まさかロイパラにドロップゾーンを肥やすカードがあるとも思えませんし、序盤に「ブラスター」のいずれかか、「光と影、交わる時」を素引きしないとサルベージ対象を用意できずに苦労しそうです。

折角の【V/R】効果ですが、序盤はドロップゾーンが潤沢ではないでしょうし、2アドに固執せず使用した方が良いかも知れません。

 

■『ブースト』を得る

【R】「ブラスター」を含む[V]がいるなら、このユニットは『ブースト』を得る。

 

真理の騎士 ゴードン」のような効果ですね。

[V]裏に置くだけで23000ラインへ到達できるのは単純に強い。

 

条件もデッキ次第では特に意識せずに満たせますね。

「マジェスティ」軸もG2以上は「ブラスター」塗れなので、普通に運用していれば苦も無く『ブースト』を得られると思います。

 

G2をブーストする場合は8000と大差ありませんが、手札がG2で溢れてしまってもブースト要員に困らないのは良いですね。

ブラスター・ブレード」「ブラスター・ダーク」共にパンプ効果を持たないので、ライン形成の一助となる効果をおまけで持っているのは便利です。

 

■総括

「マジェスティ」軸専用サポートです。

 

オーダー含むと4種目のG2なので少々G2帯が窮屈ですが、ブースト要員を兼任できますし、この性能であればG1枠を割いてG2を厚めにしても良いですね。

 

ゴリゴリの専用サポートなので、「マジェスティ」軸以外では「ブラスター」軸ぐらいにしか採用できないかも知れませんが、その分、「マジェスティ」軸では重要な位置を占めるカードですね。