イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「ディレクター・エンジェル」評価


Amazon/駿河屋


今日のカードはBT08「銀華竜炎」収録「ディレクター・エンジェル」です。

最初、何故エンフェのカードが?と思ってしまいましたが、そう言えばオラクルにも天使いましたね。 

 

f:id:harvestfiesta:20200415111650j:plain

評価:2/5

■ファルファッレ互換

【R】登場時、山札を2枚見て、1枚まで公開し上に置き、残りを山札の下に任意の順で置く。

 

ファルファッレ・メイガス」の後方互換ですね。

あちらと比べると操作できる枚数が1枚から2枚へ増えた代わりに、上に置くカードを公開するようになっています。

 

そのままドローしてしまうと手札を1枚知られた状態でゲームをすることになりますが、即座にコールしてしまえばデメリットはありませんし、ドライブチェックで手札に加えてもデメリットを相殺できますね。

 

また、上に戻すカードは1枚までなので0でも良く、単純にデッキを掘り進めるのにも役立ちます。

確認したカードが2枚とも不要だった場合、それらを上に戻さなくても良いのはなかなかに便利ですね。

 

ただ、このカード自体は情報以外の一切のアドバンテージを稼がず、公開したカードを手札に加える力も無いので、単騎で十全に力を発揮できるタイプのカードではない点が少々残念です。

 

■総括

ラクルらしいデッキトップ操作能力を持ったカードです。

 

概ね「ファルファッレ・メイガス」と似た性質を持っているので、好みで差し替える枠ですね。

一時的にデッキトップが公開されたカードになるデメリットこそありますが、然程大きなデメリットでもありませんし、個人的にはこちらの方が好みです。