イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「ベアリング・ローバー」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはTD10「Chronojet」収録「ベアリング・ローバー」です。

その両手の魔法陣のような図形がベアリングですか?

機能としては言わんとしている事は解らなくもありません。

 

f:id:harvestfiesta:20200227103548j:plain

評価:3/5

■ウェッジムーブ互換

【V】ヒット時、手札を1枚捨てることで1ドロー。

 

バインドしなくなった「ウェッジムーブ・ドラゴン」です。

クロノタイガー・リベリオン」はバインドを必要としていませんし、TDのカードがこの様子ではネクステージもバインドに依存しない可能性が高いですね。

 

手札の処理先がバインドゾーンかドロップゾーンかの違いでしかないので、特別な理由がなければ入手し易い方を選べば良さそうです。

 

肝心の効果は若干使い難い手札交換ですね。

超越コストとして扱える効果も持っているので単純に比較はできませんが、ギアクロ登場時のR枠と同じ査定なので、昨日の「萌芽の乙女 ディアン」と比べると少々見劣りします。

 

■超越コスト

【手札】このカードを捨てる際、G3として捨てて良い。

 

1枚で超越コストを賄う効果ですね。

ギアクロはデッキ内のG3ユニットが少なくなりがちなので、1枚で手札コストを賄える効果は便利ですね。

 

同種の効果を持つユニットにスチームスカラー イルカブ」が存在しているので予備程度の扱いですが、有って損はありません。

 

■総括

クロノジェット用のウェッジムーブ・ドラゴン」です。

 

元祖との差異は手札コストの送る領域のみなので、バインドが必要ないのであればこちらを採用しても全く問題ないでしょう。