イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

週刊ヴァンガ情報局「クロノジェット・ドラゴン」「時空獣 メタリカ・フェニックス」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはTD10「Chronojet」収録「クロノジェット・ドラゴン」「時空獣 メタリカ・フェニックス」です。

随分ゆったりとした公開ペースですね。 

 

f:id:harvestfiesta:20200226063426j:plain

評価:4/5

■疑似超越

【V】手札からG合計3以上になるように1枚以上、捨てることで、あなたの山札からG4を1枚まで探し、スタンド状態でライド。
このターン終了時、そのユニットを退却させ、ソウルからグレード3を1枚レスト状態でライドする。

 

時空竜騎 ロストレジェンドクロノファング・タイガー」と同じ疑似超越効果ですね。

 

あまり意味はありませんが特別制限が付いているわけではないのでクロノタイガー・リベリオン」等にも乗れます。

最悪固有名称制限を設けてくるかもしれないと思っていたので、拡張性があって一安心です。

 

■自己パンプ&守護者制限

【V/R】アタック時、CB①、このユニットのパワー+5000、相手は手札から守護者をコールできない。

 

旧版を踏襲した自己パンプ&守護者制限効果です。

疑似超越持ちのG3ユニットで殴る事を想定した効果は初ですね。

この効果を鑑みるとネクステージの効果もある程度推測できますが、TDまでの環境ではいまいち使い勝手が宜しくありません。

 

一応、[R]に置いても効果がある点が利点ですね。

コストが軽く使い易いですし、そこそこの値のパンプも付いてくるので[R]として見ても悪くはありません。

 

クロノタイガー・リベリオン」の列パンプを受ける事ができれば、守護者制限と併せて結構な脅威となれますね。

 

■総括

次のパックのG4と合わせる為に産まれた新たな疑似超越持ちユニットです。

 

ネクステージがどうなるのか今の所不明ですが、[R]でも使用可能な疑似超越ユニットと言うオンリーワンな性能をしているため、ギアクロであれば一応何処にでも採用できなくはありませんね。

ヴァンガードの常として新しいカードの方が強いのでネクステージを使うのであれば、必然こちらと合わせる事となるのでしょう。

 

それにしても、相変わらず伊藤君は絵が巧くなりませんね。

 

 

f:id:harvestfiesta:20200226063452j:plain

 評価:1/5

■トリプルドライブ

 

素の状態でトリプルドライブを搭載しているのは何気に初ですね。

他のギアクロのユニットはバインドなり、下敷きなりで一手間必要だったので、まあ汎用性はあります。

 

ただライドも出来ない、ギフトもない、G4バニラですし、コストを払ってこれに疑似超越するのは微妙ですね…。

 

■総括

素でトリプルドライブを搭載したスタンでは珍しいG4です。

 

しかし、ただそれだけのユニットをわざわざ入れるのかと考えると…。

TDのユニットだからねと憫笑するしかないカードです。