イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「葬送のリビティーナ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB13「The Astral Force」収録「葬送のリビティーナ」です。

ジェネシスに死神や冥府の女神が居てもおかしくはないのですが、ダクイレやグラブルに良そうなユニットですね。 

 

f:id:harvestfiesta:20200207104405j:plain

評価:2/5

■シールド値増加

インターセプトか[G]に登場した時、CB①、手札を1枚公開することで、コストで公開されたユニットカードのグレード1つにつき、シールド+5000。

 

ジェネシスなので「絶界巨神 ヴァルケリオン」を公開すれば+25000され、30000のシールドを持つユニットとして扱えますね。

妥協してG3を公開しても+15000で20000シールドと、まずまずの数値。

 

G2ユニットなのでG0や守護者を使用できない場面でも問題なくガード札として機能する点も偉いです。

 

手札の損失を抑えると言う意味ではなかなか良い働きをしてくれるとは思いますが、これにCB①は少々重く感じますね。

 

手札に常に「絶界巨神 ヴァルケリオン」を握っているわけでもありませんし、サーチ・サルベージに乏しいヴァンガードでこの2枚を無理なく揃えた状態を整えるのはそれなりに面倒です。

 

インターセプトで発動するので平時はアタッカーとして振る舞い、必要な時にシールドパンプを行いガード札として切れるとは言え、こんな効果を持ったユニットが立っていれば当然除去の対象になりますし、それを護る為に手札を割いては本末転倒。

またアタッカーとしては何の益もないこのユニットを場に立たせておくのも邪魔です。

 

■総括

CB①で最大30000シールドになる守備要員です。

 

悪くはないユニットだとは思いますが、CBを消費してシールド値20000or30000と考えると微妙ですね。

採用圏内ではありますが、ジェネシスのG2帯なのでスペースを確保するのに難儀しそうです。