イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「ノヴェルアラウンド・ドラゴン」「歌舞優楽の時空巨兵」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB13「The Astral Force」収録「ノヴェルアラウンド・ドラゴン」「歌舞優楽の時空巨兵」です。

イラストは力強いですが、なんてことの無いユニットですね。残念です。 


f:id:harvestfiesta:20200203152443j:plain

評価:2/5

■デッキトップからコール

【V】登場時、CB①、手札を2枚捨てることで、山札を上から3枚見て、[R]にコールする。

 

コストが重い。
3枚コールできるので都合1枚分のアドバンテージを得てはいますが、さすがにコレは…。

 

一応、「ミステリーフレア」に投入可能な範囲ではバインドを気にせず扱える初めてのG4なので、その点は評価できます。

またコストの手札2枚も捨てるカード次第では帰還させて盤面を埋める事ができるのでメリットと言えますね。

まったく下準備が整わずG4出しても活用できない場合にこれを出してお茶を濁すぐらいの役目はできますが、しかしその為にデッキスペースを割いてこれを採用するのも躊躇われます。

 

■総括

G4初の低レア枠です。

 

既存のG4はバインド枚数や手札枚数の管理が必要で扱い難い為、汎用性では最も優れていると言えなくもありませんが、やっている事が然程強くありません。

手札コストを支払った疑似超越でわざわざこれを選ぶような理由が殆どありませんし、大凡のG3はこのユニットの性能を凌駕しているので順当ライドも微妙です。

 

幸いG4ユニットは疑似超越のお陰でピン挿しでの運用に適していますし、1枚だけ挿して置いて必要な時に引っ張ってくる形が最も活躍できるでしょう。
イラストは良いのに残念な性能ですね。

 

f:id:harvestfiesta:20200203152456j:plain

評価:3/5

■ターン持続ガード制限

【R】手札を1枚バインドすることで、ターン中、相手は手札から[G]にコールする際、2枚以上でしかコールできない。

 

バインド枚数を増やしながら、ターン持続のガード制限を撃てるのは便利ですね。

ギフトなしの中ではなかなか優秀な効果だと思います。

 

コストが手札バインドである点も良いですね。
手札枚数の調整とバインド枚数の調整を同時に行える為、どちらの軸にも投入できます。ただ、逆にそのせいで使い難いと感じる場面もありそうですね。

 

「クロノタイガー」軸で使うのであれば、素直に手札を捨ててくれた方が使い勝手が良いですし、逆に「ミステリーフレア」側から見てもバインドするのはドロップゾーンや山札など、アドバンテージを損なわない領域の方がありがたいです。

 

■総括

どの軸にも投入可能なガード制限ユニットです。

 

ターン持続型のガード制限を軸に関わらず投入可能な点が良いですね。
そのせいでやや使い勝手は悪いですが、便利な効果ですし十分に採用圏内だと思います。