イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

騎士竜戦隊リュウソウジャ― 第42話「決戦のステージ」感想

f:id:harvestfiesta:20190318120849j:plain

 

harvestfiesta.hatenablog.com

 

ストーリー

・強引な伏線

ういのお父さんが唐突におかしなものを取り出したので何かと思えば…複線だったのですね。これまでのお話ってこんなに強引な伏線ありましたっけ?

同じくアバンに挿し込まれたロミオとジュリエットもそれなりに気にはなりますが、ドリンクに全て持っていかれた気がします。

残り環数も少ないとは言え、なんだか駆け足ですね。

 

・ワイズルー様の舞台

メルトとトワが変な恰好をさせられてバックダンサーになり、歌からスタートするとは、やりたい放題ですね。
今回限りの挿入歌なので商品化しないのではないかとも思いましたがちゃんと発売していますね。偉いです。買います!買いました!

しかし、メルトとトワはレオタードほどのインパクトはありませんね。
もう少しはじけても良かったのですよ?

 

最後の一騎打ちもワイヤーとスモークを使った舞台ならではの演出で面白かったです。
一騎打ちを成立させるため、巨大化したマイナソーをメルト達に任せて一人残る展開も自然で良かったですね。

 

ただ、コウとワイズルーには特に因縁が無いので、あえてコウが一人残る理由がない点が残念でした。こう言う時に過去からの積み重ねが生きてくるのですが、広域に迷惑なだけのワイズルーには特定の誰かとの因縁と言うのがないんですね。

せめてタンクジョーであれば因縁もあったのですが、残念です。

 

アクション

・ワイズルー

劇場型能力に取り込んでコウと舞台上で一騎打ちを行うと言うシチュエーションでしたが、その舞台設定を活かしたワイヤーアクションとスモークが印象的でした。

紙吹雪飛ばしてるし、クレオンとドルン兵が協力して人力でワイヤーを引っ張っている所がもうね。

 

ただ最後と言う事で絵面の割には静かなシーンでしたね。
最後の場面もワイズルーらしくてエモかったです。

消え方が独特だったので実は生きているパターンかと思ったら消えてしまいました。
残念です。