イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

週刊ヴァンガ情報局「ボルテックシュレッド・ドラゴン」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ



今回のカードはEB12「Team 竜牙独尊」収録「ボルテックシュレッド・ドラゴン」です。今回はファイトがメインだったので、これだけですね。

 

f:id:harvestfiesta:20200115101238j:plain

評価:3/5

■1:1交換

アタックした時、[V]が「ドラゴニック・ヴァンキッシャー」なら、SB①することで1枚ドローし、手札1枚をバインドする。

 

ソウルコストが少々気にかかりますが、盤面に関わらず手札バインドを行える点が偉いですね。
[V]を指定されているのでライド事故回避には使えませんが、再ライドや盤面を整える一助にはなれます。

 

また、手札バインドも「ヴァンキッシャー」軸であれば、それをトリガーに「魔竜戦鬼 チャトゥラ」等の効果を起動できる為、単純なデメリット効果にならない所も良いですね。ソウルを支払った甲斐があると言うものです。

 

■総括

「ヴァンキッシャー」軸の主要パーツである手札バインド関連のユニットです。

 

どの程度の数が配られるか不安しかありませんでしたが、C枠にもまともなのが居るのですね。
C枠にしては優秀ですし、十分に採用圏内だと思います。