イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「アナライズ・シューター」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ



今日のカードはEB12「Team 竜牙独尊」収録「アナライズ・シューター」です。

 エンジェルフェザーに良そうな名前ですね。

 

 

f:id:harvestfiesta:20191223104546j:plain

評価:3/5

■確定サーチ

ブーストしたアタックが[V]にヒットした時、SB①、手札を1枚捨てる事で、デッキから名前の異なる「メイルストローム」を2枚サーチ

 

条件こそ少々厳しいですが、ヴァンガードの確定サーチは貴重なので、この程度でも悪くはありませんね。

手札を1枚消費してしまいますが「メイルストローム」2種を確実に手札に引いて来れるのは強いです。

条件の[V]ヒットも序盤であれば達成し易く、早い段階から相手に圧をかけていける所も良いですね。

 

問題は「蒼嵐」名称を持たない糞ネーミングと、過剰に下げられたパワーです。

とは言え、低パワーはブーストだけする分には然程問題ではありませんし、名称も今の所は必要ないので許容範囲でしょう。

 

■総括

「メイルストローム」軸も忘れていないと言うアッピルですね。

それによって好印象を抱くことはないのでその行為自体は無意味ですが、カード自体は無いよりは良いです。

 

ブーストしたアタックの[V]ヒット時と少々厳しい条件付きですが、確定で2種の「メイルストローム」を手札に持って来られる点が便利ですね。

《リップタイド・ドラゴン》にライドするような事態を防いでくれると言うだけでもそれなりに価値があります。