イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

週刊ヴァンガ情報局「トップアイドル リヴィエール」「スーパーアイドル リヴィエール」「マーメイドアイドル リヴィエール」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ

Amazon/駿河屋/あみあみ


今回の情報局公開カードはEB11「Crystal Melody」収録「トップアイドル リヴィエール」「スーパーアイドル リヴィエール」「マーメイドアイドル リヴィエール」です。
最後のVRだけあってヤバイ事しか書いていませんね。

 

f:id:harvestfiesta:20191211095259j:plain

評価:5/5

■登場時ドロー

[V]登場時、CB①、手札を1枚捨てる事で、2枚ドロー

 

1枚捨てているので結果的には1枚分のアドバンテージを得るだけ、ライドも加味すれば手札枚数が変わらないとも言えますが、スペリオルライド用の「リヴィエール」を手札に引き込む必要がある為2枚分デッキを掘り進める事ができるこの効果は嬉しいですね。少なくとも単純1ドローよりも手札の質は向上します。

 

何ら制限もありませんし、通常ライド時、スペリオルライド時、双方で使える点もポイント高いです。

 

■疑似[V]スタンド

アタック終了時、手札を2枚捨てる事で手札の「リヴィエール」を含むユニット1枚に【スタンド】状態でスペリオルライドし、ターン中そのユニットのドライブ-1

 

アタック終了時に「リヴィエール」にスペリオルライドすることで[V]をスタンドし、連続アタックを行える《究極次元ロボ グレートダイユーシャ》や《ナイトメアドール きゃろる》のような効果ですね。まぁそれらと比べると条件がかなり緩い為格段に使い易くなっていますが。これが格差か。

 

何より無制限に使用できる点がヤバいです。
手札に握ってコストの問題さえクリアできるのであれば、1ターンに[V]だけで最大4回殴ってくるのは中々に頭がおかしい。
流石にそんなに巧く事が運ぶ状況は来ないでしょうが、バミューダには《From CP キャロ》と言う万能サーチが存在しているので先行3ターン目に[V]スタンド1~2回程度は安定して狙えそうです。

 

最悪「リヴィエール」を含んでさえいればG2以下でも構わないので、最後の一撃にG1やG2に乗ってアタックする事も出来る柔軟性の高さも素晴らしいですね。
ドライブ-1されて、手札の補填すらできなくなってしまいますが、それで勝負が決まるのであれば関係なかろうもん。

 

強力な効果ですが、コストで2枚、ライドで1枚と合計3枚の手札を消費してしまう為、効果①のドローとドライブチェックで手札を補充しても最終的な収支はマイナスになってしまいますね。

 

自己パンプ効果を持たない為火力が低い点もやや気にかかります。

 

またスペリオルライドを行っている為、下敷きにしたユニットへかかっているトリガー効果等を引き継げない点も少々残念です。

その代わりに新たにG3ユニットが[V]に登場しているので、フォースが増えます。
手札の薄いアクセル相手にフォースⅠを重ねて連続アタックを撃ち込むだけで大人しくなりそうです。
プロテクトクランに対しても吐き出せる守護者以上にアタックを決めてやれば良いだけなので他のバミューダよりは対処が楽そうですね。

 

■総括

リメイクVR最後の1枚です。

 

なかなか高性能なドロー効果と、単体で見てもそれなりに強力なスペリオルライドを持ったデッキの主役です。
効果が派手なのでバミューダを握るのであれば、是非握っておきたいテーマですね。

 

f:id:harvestfiesta:20191211095234j:plain

評価:5/5

■スペライ時1ドロー&ソウルスペコ

[V]がG2なら手札のこのカードにライドし、1枚ドロー
ソウルから《マーメイドアイドル リヴィエール》を2枚[R]にコールする

 

起動効果でのスペリオルライドなので連続アタックを行う事はできませんが、1ドローでこのユニットへのライドによる手札損失を補填しつつデッキを掘り進め、ソウルから《マーメイドアイドル リヴィエール》を2枚コールする事でボードアドバンテージを稼ぐ事ができる。

 

コールするユニットが固有名称指定で、触る領域もソウルに固定されていますが、G2ライド時に一気に展開でき速攻性能は悪くありません。

 

ソウルこそ消費しますが手札やカウンターコストの消費も無しにアタッカーないし、10000ブースターを複数並べられるのは強力です。

《トップアイドル リヴィエール》はソウルコストを必要としないので《From CP キャロ》を使わない限りはソウルを気にする必要が無い点も良いですね。

 

■[R]スタンド

 「リヴィエール」を含むあなたのヴァンガードが登場した時、このユニットを【スタンド】してよい。

 

なんかもう、凄い。これとG3だけでだいぶヤバイ。
G3がスペリオルライドを行うだけで、ノーコストで[R]のこのユニットがスタンドし追撃を行って来るギミックは、まるでアクセルクランのようです。

フォースのパワーでアクセルの動きをしたらそれは当然強いさ。

 

ターン1制限こそついていますが、同名ターン制限ではないので2体並べれば2体とも起きますし、非常に優秀ですね。

 

■総括

G3・G1をサポートするリヴィエールの中間形態です。

 

[V]時にはデッキを掘り進めつつボードアドバンテージを稼ぎ、[R]時には自己スタンドで連続アタックを狙える優良ユニットです。

[R]に置いた時にもテーマに沿った動きができる点が良いですね。

テーマデッキでは八面六臂の活躍をする重要なカードだと思います。

 

f:id:harvestfiesta:20191211095246j:plain

評価:5/5

■スペライ時「リヴィエール」サーチ&1ドロー

このカードをG1へライドする事で、山札を上から7枚見て「リヴィエール」を含むカード1枚を手札に加える
コストで《バミューダ△候補生 リヴィエール》をSBした場合1枚ドロー

 

この効果で《マーメイドアイドル リヴィエール》を重ねG2の展開効果に備えつつ、G3用にサーチも進めろと言う効果ですね。
「リヴィエール」であればなんでも良いのでG2を引き込んでライド事故回避にも使用できますね。
或いは《マーメイドアイドル リヴィエール》を手札に加えて、もう一度効果を使用する手もあります。

 

追加のドロー効果はFVをコストにする必要がある為1度しか使用できませんが、事故回避やスペリオルライド目当てに1:1交換を敢行する状況は間々ありそうです。
効果の都合上、G2以降はサーチ効果が使えない点は少々残念ですね。

 

■後列永続パンプ

後列にいる間、このユニットのパワー+2000

 

ブースト要員として活用する限り常時パワー10000として扱える効果ですね。

「リヴィエール」はパンプに乏しい為、ブースト要員がパンプされる効果は悪くはありませんね。
[V]裏に置けば23000ラインを越えますし、G2順当ライド時にもダメージトリガーをケアした要求値を出せる為、あって損はありません。
スペリオルライドを繰り返す関係上、他者へ振るパンプは勿体無いですし、妥当な所かなと思います。

 

ただ、前列では効果を発揮しない為アタッカーの代わりになれない点と、スタンドした各種「リヴィエール」に取り残される点が残念です。

 

■総括

連携ライドを彷彿とさせるサーチ効果を内蔵した「リヴィエール」最初の一歩。

 

範囲の広いサーチ効果を内蔵し、G2での展開効果もあるのでテーマでは必須です。
ブースト要員としてはやや物足りませんが、パワー10000でブーストできるので悪くはありません。