イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「クラウニングパートナー アバンネ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ

Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB11「Crystal Melody」収録「クラウニングパートナー アバンネ」です。
まさか本当に出るとは…。
海の底の白鳥を見る思いです。

 

f:id:harvestfiesta:20191206104223j:plain

評価:4/5

■ドロップ・ダメージから「パシフィカ」を回収

登場時、ドロップゾーンとダメージゾーンから表の《トップアイドル パシフィカ》を各1枚まで手札に加え、ダメージゾーンから加えた場合デッキトップをダメージゾーンへ置く。

 

登場領域の制限無く、ノーコストで使用でき、ダメージゾーンとドロップゾーンから1枚ずつ最大2枚回収できる効果です。

固有名称指定で拡張性は皆無ですが、ほぼ完璧ではありませんか。
これは「パシフィカ」来ましたね。

 

欲を言えばバインドゾーンも何とかしたいのですが、十分すぎる性能ですね。

あとはイラストも寄せて欲しかったです。
誰だか知りませんが名前もフレーバーも相棒感を出していますが、服装や背景からパシフィカとの関連を察するような要素が皆無なのは残念です。

 

■総括

ダメージゾーンにまで手を出した「パシフィカ」のサポートです。

 

ダメージゾーンに落ちる方がアドバンテージに繋がるとはヤバイですね。
固有名称指定なので余所では全く使い道がりませんが、パシフィカでは必須です。