イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

仮面ライダーゼロワン 第13話「ワタシの仕事は社長秘書」感想

f:id:harvestfiesta:20190902121234j:plain

 

harvestfiesta.hatenablog.com

 

 ストーリー

・弱すぎる新商品

前回無意味に引き延ばして登場しただけで終ったと思ったら、今週は登場して早々にあっさりと負けていて唖然としました。

 

不完全だったから負けたと言われても、今迄に或人くんがプログライズキーの性能不足を感じているような描写はありませんでしたし、身近で見守っていたイズにもそう言った描写はありませんでした。

視聴者的にも寝耳に水でしょう。

 

ついでに2号ライダーである不和さんも、スパイの唯阿も、滅亡迅雷の二人も、プログライズキーを作っている衛星ゼアにも、そう言った或人くんのポテンシャルの高さを感じる場面・描写はありません。
今回唐突に降って湧いた設定にしか見えませんね。

 

さらには、その不足分を補う為にイズのメモリーが必要と言うのは理解できますが、会ったばかりのワズのメモリーで代用可能なのは意味が解りません。

 

・バックアップがない

殺ちゃん以外でバックアップを活用しているヒューマギアとか存在しないから、普通の事じゃないですかね。

 

漫画家の先生とかもまたラーニングのやり直しだよみたいな事を言ってましたし、寿司職人の時もそんな感じだったと思います。

 

今迄の話でも犠牲になったヒューマギアの代わりに出荷されたヒューマギア達は皆若葉マークがついている状態だったので、暗殺ちゃんが特別だと思っていたのですが違ったんですね。

 

じゃあ、なんで暗殺ちゃんに焦点が当たって中ボス化しているんだろう?
謎です。

 

イズの身代わりにメモリーを差し出す下りは良い話にしたかったのでしょうが、シャイニングホッパーが不完全って言うのが納得できませんし、バックアップなんてないのが普通だし、ワズのメモリーで代用できるとは思えないしで、ワズの死が全く入ってきませんでした。

 

・足止めすらできずに消える二人

シャイニングホッパーの活躍に、モブは邪魔なんだよって事ですね。

 

3人で戦うぞと言いつつドードーマギアはゼロワン一人に押し付けて雑魚狩りするとか何なの?
射撃キャラなんだし、もっとやりようはあるでしょ?
唯阿に至ってはバルキリーはスピード型じゃないですか。もっとあるでしょ?

 

そのうえあっさり滅亡迅雷に出し抜かれ、またプログライズキーを奪われるし、終始ダサいのどうにかして下さい。
シャイニングホッパーは登場からずっと失敗しかしていませんよ。

 

そもそもドードーのゼツメライズキーが必要なんじゃなかったんですか?
何故か解決した風になっていますが、警察関係者には何をどう説明するの?
殺ちゃんのボディだけで事足るのでしょうか。逃亡した事実は消えないのですが…。