イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「謎めき乙女 ルヴェーネ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ

Amazon/駿河屋/あみあみ

 

今日のカードはEB11「Crystal Melody」収録「謎めき乙女 ルヴェーネ」です。
フレーバーテキストは効果を反映しているのでしょうが、だったら何故表返すのか。
相変わらずフレーバーが下手糞です。

 

f:id:harvestfiesta:20191118105213j:plain

評価:3/5

■ダメージ依存自己パンプ

ダメージゾーンの裏側のカード1枚につき、パワー+2000する効果です。

 

倍率は少々物足りませんが、永続で自己パンプできる点は偉いですね。
裏側のカードが1枚でもあればアクセル・プロテクト相手には単騎でも最低限の要求値は出せますし、相手ターン中もパンプが有効なので殴り返しにも強いです。

 

最大でパワー20000になりますが、ダメージ依存なので最大値で使える事は多くはないでしょう。
ダメージ3枚でパワー16000のユニットとして扱えればブースト込で23000ラインに届くので、そこまであれば十分でしょう。

 

■[V]ヒット時CC

アタックが[V]にヒットした時、ダメージゾーンが全て裏なら、望む回数SB②支払い、1回につきCC①

 

だいぶ制限のキツイCCですね。
ただその分最大値は大きいです。
任意の数をCCできる効果は今迄なかったので、ソウルコストさえ何とかなれば悪くはなさそうです。

 

「旋律」軸であれば大量SCも可能なので、構築次第ではお世話になるかも知れません。

 

■総括

そこそこ高性能な自己パンプと、厳しい制限つきのCCを持ったユニットです。

 

今回の新規軸に投入可能かどうかは分かりませんが、既存の「旋律」軸であれば《カラフル・パストラーレ カノン》のSC付与効果でコストを賄える為、活用できなくはありませんね。