イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

仮面ライダーゼロワン 第7話「ワタシは熱血ヒューマギア先生!」感想

f:id:harvestfiesta:20190902121234j:plain

 

harvestfiesta.hatenablog.com

 

 ストーリー

・コービー

生徒の希望を尊重して部活の時間を延長し、合理的な指導をしているのであれば学校側としては問題ないのでは?
部活を続けたいのに親を説得できない生徒の問題なんじゃ…。
安全上問題のある学校に忍び込み練習を続ける所や、頻繁にどこかから引用してきたセリフを口走るパーソナルには若干思う所もありますが、良いコーチ役ではないですか。

 

まぁ、その気になれば人間を容易に殺傷可能な機械が、自身をリセットする気配を察知して抗議を行って来るのは、結構恐ろしい状態ですし、そんな不安要素を持った機械に生徒を預けるのは怖いので、あのやる気のない先生が問題が大きくなる前に何とかしようと思うのは理解できます。

 

・暗殺くん

かなりのイケメンなのに、あのパーソナルは何なの?
滅が理解できない笑いを追求した結果とかでしょうか?
非常に場面に合わず違和感の強いキャラでした。
唯阿に捕まる為に出てきたキャラなので、パーソナルに意味はないのかな。

 

・シンギュラリティ

あれ? 或人達は、この設定知らないんでしたっけ。
まぁバスの運転手や運送会社のヒューマギアのように、或人達とは関わり合いのないモブが突然変身するパターンが大多数だったので、考えてみれば無理もないことかも知れませんが、こう言った割と重要な設定を何の必要性もなく親切な敵が教えてくれる展開は間抜けですね。

 

アクション

・フリージングベアー
肩と胸部のクリアパーツが良いですね。
マスクパーツの造形も、ともすれば可愛らしく見えてしまう熊の耳をエアインテークとする事で機械的なカッコいいデザインに落とし込んでいますし、なかなか好みです。
これは早く立体化して欲しい。

 

アクション自体は手から火を噴くタイガーの氷バージョンと言う感じですが、両手を突き上げ大きく広げた構えはモチーフが解りやすく、氷結の表現や凍らせて爪で切り裂く必殺技も個人的には好きなので、タイガーよりはアクションシーンも好きです。
相手を真っ二つにした描写をアマゾンズ以外で見られるとは思いませんでした。

 

・剣持ちシューティングウルフ

良い動きをしますね。
正直、ゼロワンより剣が似合う気がします。
必殺技も殺意高くて好きです。
ただ、あんなに縦回転をしたのに何故、唐竹割ではなく横に逸らし袈裟斬りにしたのか。あの状態から軸をズラすのは不自然に見えます。
フリージングベアーの必殺技が凍結能力持ちの定番みたいな必殺技だったので、殊更に気になりました。