イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「出穂の乙女 エニファ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB10「The Mysterious Fortune」収録「出穂の乙女 エニファ」です。
可愛らしいイラストですね。どう見てもエルフなのですが、バイオロイド。
VGの種族は本当に謎です。

f:id:harvestfiesta:20191011104312j:plain

評価:3/5

■プラントトークン強化

同じ縦列のプラントトークンをパワー+5000/シールド+5000し、選択できなくなる耐性を付与する効果ですね。

「アルボロス」軸では他のトークン強化も相まって、高いパワーラインを形成できそうです。
このユニットもきちんとパワー8000あるので、後列に置くのに不都合がなく良いと思います。

 

またプラントトークンには《アルボロス・ドラゴン “聖樹”》の効果でインターセプトが付くようなので、[G]のプラントトークンを強化しガード値を引き上げられる点も良いですね。

 

ぬばたまのトークンは一体何だったのかと思う程、恵まれた性能です。

 

なかなか優秀ですが、残念ながらこのユニット自身にはトークンを生成する能力はないので、場や手札の状況如何ではバニラに成り下がってしまう所が若干ネックですね。

 

■総括

プラントトークンの攻守を増強する置き物です。

 

自身はトークンを生成できませんが、場にあるだけで縦列と[G]のプラントトークンを強化でき、それなりに優秀なので採用圏内にはあると思います。
《アルボロス・ドラゴン “聖樹”》の強化と併せてトークンがパワー15000となり、ブースト込でパワー23000ラインへ届く所が良いですね。