イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「フリージング・グランター」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ

 

今日のカードはBT07「神羅創星」収録、「フリージング・グランター」です。
その襟?どうなってるの。何なの、このイラスト。

f:id:harvestfiesta:20191004103613j:plain

評価:2/5

■相手のコストを回復

エンフェ最後のRRRですが、期待ハズレですね。
予想通り相手のダメージゾーンへ新しくカードを置く効果ですが、《星辰の癒し手 エルゴディエル》の効果をG2相応に劣化させた残念効果です。

 

[R]にユニットが残らないタイプのデッキに対しては効果を発揮できませんし、きちんと効果が使用できても、自身のソウルコストを消費して相手のカウンターコストを回復する損しかない効果です。
これに頼るぐらいならば殴った方がお得ですし、もういっその事、今回のテーマである相手のダメージゾーン依存の効果を使わなくても良いかなとさえ思います。

 

■最大でパワー+25000

最大値だけを見れば、CB①支払っても不思議はない効果ですね。
《星辰の癒し手 エルゴディエル》はノーコストでやっていましたが、G2になると有料だそうです。
G3と同じく、こちらも登場時効果でダメージゾーンへ送った分は最低保証されていますが、まぁどうでも良い事ですね。

 

■総括

G2版《星辰の癒し手 エルゴディエル》です。

 

G2相応か、それ以上に査定が厳しく、かなり劣化している印象です。
正直あまり使えるユニットとは思いませんが、《星辰の癒し手 エルゴディエル》を除けば唯一、今回のテーマである相手のダメージゾーンへ新たなカードを置く事ができるユニットなので、今回のエンフェがどうしての組みたい場合には、ほぼ必須になります。
イラストも効果も好みではないので私は使いません。
恐らく有るであろう次の強化を待ちます。

無ければもう1年待ちます。