イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「赤光怪人 フラットレイ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB09「The Raging Tactics」「 赤光怪人 フラットレイ」です。
ただの再録をXVRとか、特別再録と言って収録し、ハズレ増やすのいい加減辞めてもらえませんかね。
それに加えて新弾の紹介はこれ1枚って…控えめに言ってバカなのかな?


f:id:harvestfiesta:20190809104458j:plain

評価:2/5

■相手の[R]をレスト&パワー吸収

相手の[R]を2枚選択し、そのユニットをレスト状態にし、ターン中、選択したユニットのパワーを得る効果ですね。
選択さえできれば、レスト状態にできなくともパワーは吸えそうですね。

 

概ね前列の2体を選択してパワー+18000~23000
CB①でパワー25000以上のユニットになれるので、CB効率は恵まれたフォースのパンプ効果を凌ぐほど大きいですね。

 

ただ、素のパワーが極めて低く、アタッカーとして運用する為には攻撃する度に毎回このユニットにCBを消費しなくてはならないのが困りものです。
パンプ値が高く、悪くはない効果ですが、流石にここにだけCBを注ぐわけにもいかないので扱い難い印象ですね。

 

レスト状態にする効果も、これ単体では特に意味のない効果なので、他のユニットとのシナジー次第です。
まぁ、レアリティがCですし、メガコロニーのユニットなので何の意味もなくレストさせましたと言い出しかねないので期待はできませんが、一応、意味があると思っておきましょう。

 

■総括

CB消費こそ必要ですが、優秀な自己パンプ効果を搭載したG2ユニットです。

 

概ねパワー25000のユニットとして扱えますが、素のパワーが低く、アタックを行う為にはCB消費がほぼ必須なので、やや使い難い感は否めません。
メガコロニ―のG2帯なので今の所採用圏内ですが、これよりもマシなユニットも追加されるでしょうし、無理に使う程ではないかなと思います。