イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「オフェンシブ・パンター」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB09「The Raging Tactics」「オフェンシブ・パンター」です。
G1が先駆するようになりましたか。

f:id:harvestfiesta:20190808113655j:plain

評価:4/5

■ブースト時微パンプ&1:1交換

なかなか優秀ですね。
他のフォースクランであればパンプ値はもう少し盛られていたのではないかと思わずにはいられませんが、緩い条件で序盤から1:1交換を行えるのは偉いです。
このユニットを消費してしまいますが、かなり緩い条件でドローできるので、ライド事故回避や、メインに狙って乗りたい場合の一助になるでしょう。

 

問題はSB①を消費する事ですね。
順当ライドでG0⇒このユニット⇒G2と乗って行った場合、疑似先駆でソウルからこのユニットを[R]に出したら残りのソウルはG0のみです。
《スパイクバウンサー》等、SBを必要とするユニットに乗ってしまうと、折角の効果がどちらか一方しか使えません。

スパイクブラザーズは自身をソウルへ送効果も多いので、然程使い難い効果だとは思いませんが、やや足枷に感じますね。

 

■疑似先駆

旧版のFVを[R]にコールする効果、《先駆》のG1版です。

ソウルは減ってしまいますが、ノーコストで1アドバンテージを得られる優秀な効果ですね。[R]にコールされたこのカードもブースト要員として優秀なので言う事ありません。

 

■総括

先駆とブースト時1:1交換を持った優秀なG1ユニットです。
このカードにライドできさえすれば、1アドバンテージが約束されている点、必要とあれば1:1交換の弾にできる点が良いですね。

スパイクブラザーズには優秀なG1が3種は存在し、このユニットの枠を捻出する事が難しそうですが、既存の枠を奪い得る優秀なカードだと思います。