イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ」「忍妖 タンガンニュードー」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT06「幻馬再臨」収録「隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ」「忍妖 タンガンニュードー」です。
ヒャッキヴォーグも来ましたね。よかよか。

f:id:harvestfiesta:20190726104416j:plain

評価:4/5

■分身&条件付き同名パンプ

[V/R]で使用できる分身効果&同名ユニット全てのパワー+10000は強力ですね。
コストとして手札を1枚消費しているので枚数的には得をしていませんが、手札1枚をこのユニットへと変換できる効果と広域パンプのセットであれば、お得な取引です。

 

むらくもの同名サポートはどれであってもある程度有効活用できますが、特に《侍大将 HYU‐GA》とは相性が良いですね。
場のカード全てが同名カードになる為、パワーラインが凄い事になります。
自己パンプを持たず、他の同名パンプが[V]と同名の[R]をパンプするものばかりなので、自身のパンプが心許なかった《侍大将 HYU‐GA》自身のパワーラインも引き上げられ万々歳です。

 

また効果にターン制限こそついていますが、この効果で新たに呼び出した方の《隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ》は効果を使用していない為、コストさえ支払えるのであればデッキの中の《隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ》を全て呼び出す事も出来ますね。

 

今回追加されるG2以下のユニット如何ではデッキのメインとしてこのユニットを使っても良いかも知れません。
《忍獣 メタモルフォックス》が輝きます。

 

■総括

侍大将のサブ[V]としてデザインされたであろう新規G3ユニットです。
初登場時からЯしていたので、通常形態は初お目見えですね。

 

[V/R]で使用可能な分身&同名パンプを持つ為、ある程度何処にでも入れられなくはありませんが、効果の都合上「決闘龍」「マンダラ」では歓迎されないと思います。

とは言え、優秀なカードなので今回新たにむらくもを作る場合や、最適なサブ[V]が未だ見当たらない「シラユキ」であれば採用できると思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190726104422j:plain

評価:2/5

■同名ユニットがいる時『ブースト』を得る&条件付き1ドロー

こちらも《侍大将 HYU‐GA》での名称変更を意識した効果ですね。

 

素の状態でも12000ブースト、《隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ》と組み合わせれば最低でも22000ブーストとパワーはかなりのものです。

追加効果の自己ソウルインによる1:1交換も合悪くはありません。

 

しかし、全体的に地味ですね。
非常にサブクランのRらしい性能です。

 

■総括

サブクランのR枠らしい、ぱっとしないG3です。
こんなのでもギフトが付いているだけマシと考えるべきか、ギフトをはく奪されていればもう少しマシだったかもしれないと考えるべきか。

 

《侍大将 HYU‐GA》とセットで運用すればそれなりにかちゅ扼する事もあると思うので、採用できなくはありませんね。
ただ《侍大将 HYU‐GA》を使うのであれば、《隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ》を入れたくなりますし、そこにさらにG3を入れるとなると、このユニットを選ぶか?と言う疑問があります。

 

効果はそこそこ優秀ですが、ただ『ブースト』を得るだけなので是非使ってみたいと思わせるようなユニークなものではありませんし、然程強いわけでもない為積極的に選択する理由に乏しく、あくまでコンボ前提の効果である事も相まって使い難く、ほぼ採用されないのではないかなと思います。