イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

「ガンバス」軸 なるかみ デッキレシピ


Amazon/駿河屋/あみあみ



■G3(8枚)

デトニクス・ドリルドラゴン ×4
ガントレッドバスター・ドラゴン ×4

 

■G2(12枚)

ドラゴニック・デスサイズ ×4
妖剣の抹消者 チョウオウ ×4
覇軍の抹消者ズイタン ×4

 

■G1(13枚)

ライジング・フェニックス ×4

デモリッション・ドラゴン ×4

ボルトキャプチャー・ドラゴン×3
希望の雷 ヘレナ
 ×2

 

■G0(17枚)

スパークキッド・ドラグーン ×1(FV)

毒心のジン ×4(☆)

イエロージェム・カーバンクル ×2(☆)

ワイバーンガード・ガルド ×4(引/守護者)

オールド・ドラゴンメイジ ×2(引)

蠱毒の抹消者 セイオウボ ×4(治)

 

 

宮地時点でもなかなか粒揃いでしたが天馬解放の発売によりさらに強化されたなるかみデッキです。
アクセルクランのなかでも特に扱いが簡単で、ガンガン殴って行けば大抵何とかなるのが魅力です。

 

■各種解説

〇G3

・デトニクス・ドリルドラゴン

このデッキのサブ[V]です。

相手が展開している時は《ガントレッドバスター・ドラゴン》で薙ぎ払い
展開を控えるようであれば、このユニットで攻め込みます。
これまでは相手の[V]裏を処理できずノーコストでのスタンドは難しかったのですが、《ボルトキャプチャー・ドラゴン》の登場により[V]裏も処理できるようになたため、よりリーズナブルに扱えるユニットになりました。
ただ《デトニクス・ドリルドラゴン》は安く撃てたら撃つ程度の感覚なので、使わない事も多く3枚でも良いかも知れません。
その場合、この枠には《サンダーブレイク・ドラゴン》を投入するのが適当でしょう。

 

・ガントレッドバスター・ドラゴン

このデッキのメイン[V]です。

基本的にはこちらにライドし、相手のユニットを除去しつつ高いパワーと☆でガード強要し、消耗を押し付けていきます。
減らす理由もないので思考停止4投です。

 

〇G2

・ドラゴニック・デスサイズ

ノーコストでパワー14000まで上昇し、登場時バインドまで備えているので抜く理由がありません。
なるかみのG2帯は優秀なカードが増えましたが、それを加味しても十分に一線級のユニットです。

 

・妖剣の抹消者 チョウオウ

前列バインドと後列釣り出しをCB①で行え、必要とあれば自己スタンドも行える超絶イケメンです。
顔は兎も角効果がイケメンなのでこのカードを減らす理由とかありません。
《ガントレッドバスター・ドラゴン》のアタックを全力で守った後に、☆を振ったこのカードが起き上がってくると相手が嫌そうにしてくれるので、とても良いカードです。

 

・覇軍の抹消者ズイタン

《ガントレッドバスター・ドラゴン》の要求値をさらに引き上げてくれる優秀な置物です。また自己ソウルインしながら1ドローを行える効果②も優秀です。
場に置くだけで相手の手札消費を加速させる事ができるので、減らす理由が見当たりません。

 

〇G1

ライジング・フェニックス

ガードや手札コストとして破棄しても場に舞い戻ってくる優秀な焼き鳥です。
このユニット以上のG1ユニットは天馬解放にも存在しなかった為、引き続きフル投入しています。

 

・デモリッション・ドラゴン

 

後攻時のケアが可能なG1ユニットです。
その効果の都合上、枚数を削って投入する意味が薄く、中途半端に投入するぐらいなら全抜きして他のカードに当てたい枠ですね。
とは言え、この枠を奪ってまで投入するようなカードは残念ながら存在しない為、フル投入しています。

 

・ボルトキャプチャー・ドラゴン

主に[V]裏の引き籠りを表に出すカードです。
ノーコストで使用できる為フル投入しても良いのですが、そこまで必要ではないので現状3枚に留めています。

 

・希望の雷 ヘレナ

やや使い勝手は悪い効果ですが、貴重なCC要員です。
乱用のできないカードで、ゲーム中に1枚引ければ十分な為、枚数を削っています。

 

〇G0

・☆6/引6

《デトニクス・ドリルドラゴン》に続き、《妖剣の抹消者 チョウオウ》と言う☆トリガーと相性の良いユニットが増えた為、☆トリガーのみに絞ってます。


他のアクセルのトリガー配分もそうですが、基本的には☆か前どちらかに寄せる方が安定して動くので、デッキにあったトリガーに絞りどちらかに寄せるようにしています。
☆・前両採用は上ブレすれば一本に絞る形よりも強いのですが、当てにできないトリガーを更に不安定にする形は個人的には苦手です。