イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

騎士竜戦隊リュウソウジャ― 第16話「海に沈んだ希望」感想

f:id:harvestfiesta:20190318120849j:plain

 

harvestfiesta.hatenablog.com

 

ストーリー

今週もお話としてはまとまっていて、普段よりは見られる内容でした。
これぐらいのクオリティを維持してくれれば最低限見て居られるので、次週も頑張って欲しいものです。

 

 ・今週のクレオンとガチレウス

開幕優しいブラック上司からの用済みだ。
とりあえず、クレオンがスライムだって事を初めて知りました。

 

ガチレウスはあっさりと敗北してしまいましたが、このまま退場でしょうか?
タンクジョーが死んだと思ったら死んでいないを既にやっていますし、ガチレウス自身も巨大化前に同様の事をやっているので、再登場自体はどうとでもなりそうですが、これと言って必要なキャラでもないのが悲しい。
データを集めているので勝てる、一度やられると強くなって復活すると言う事でしたが、ストーリーにもキャラクターにも活かせていませんし何の為に出てきたのか解らない幹部でしたね。
ガチレウス自身はそれなりに個性的ではあったけれども、別にワイズルーと入れ替える必要があったとは思えませんし不思議です。

 

・陸のリュウソウ族

何があったのかと思ったら、ドルイドンが惑星外へ逃げて行ったので人類を自分たちで支配しようともくろむ過激派が出現し、内紛が起きて分裂した過去があったんですね。
いや、無理じゃね?
リュウソウ族が地上支配とか、一世紀と持たず滅亡する気がします。

 

そもそも現在の地上を人類が支配している以上、件の地球支配をもくろむ陸のリュウソウ族の勢力が生き残っているわけがありません。
あるとすれば以前の総理のようにリュウソウ族の存在自体を隠して、政界や財界で活動する事ですが、モサレックスが警戒しているのはそう言うパターンではないようなので、ちょっと時間間隔の尺度が違い過ぎて盛大な擦れ違いが起きていますね。
個人的には「何言ってるんだ、この魚?」と思ってしまい、あまり納得できない部分だったのですが、こう言った機微の違いスケールの違いが意図したものであれば成功していると言えるでしょう。

 

・メルトの髪

リュウソウ族から見ても変だったの!?
じゃあ、どうして青いんだよ。
今週で一番気になったところなのに、なぜ答えをはぐらかしたのか。

 

・コウの「理由要る?」

コウの中では過去の確執とか一切関係ないんですね。
底抜けにお人よしで、素直で、純粋な所は良いと思います。
以前の押しつけがましい物とは違い、今回は素直な信頼を感じます。
コウは子供っぽい無邪気な性格なので、こう言う無垢な信頼が心地よいですね。

 

アクション

・生身

今週も生身での殺陣シーンがありました。
やや尺は短かったですが、いずれも個性的で良かったと思います。
今週は特にメルトの殺陣が良かったです。
メルトはノエルに引き続き優雅系の殺陣ですが、ノエルは軽快に跳んだり跳ねたりをしていて緩急が激しかったので、王道な優雅系は久々に見る気がします。

 

・キシリュウネプチューン

2号ロボもデザインが本当にカッコいいですね。
1号ロボが赤に銀の挿し色に対し、2号ロボのネプチューンは青に金の挿し色で対比的にも良いと思います。

 

変形時に余剰パーツの尻尾を三叉槍に見立てるところや、巻貝の形状を拳に見立てるデザインが好きです。
正直、拳がくっ付くだけのアレを合体と言われると微妙ですが、拳を別パーツにする事で他の合体の時にも活用できますし、玩具的にはありですね。

ただ、必殺技がダサかったです。

飛び上がって槍で突くだけなので、あれにトルネード何とかと大仰な名前を付けられても…。剣を本当に燃やしていた必殺技に比べて随分地味ですね。

 

次回はディメボルケーノとモサレックスの合体騎士竜スピノサンダーの登場ですが、動物形態での合体強化は珍しいですね。

どのように動くのか、楽しみです。