イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

週刊ヴァンガ情報局「孤高の騎士 ガンスロッド」「竪琴の騎士 トリスタン」「プラック・エンチャンター」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今回の情報局公開カードはBT05「天馬解放」収録「孤高の騎士 ガンスロッド」「竪琴の騎士 トリスタン」「プラック・エンチャンター」です。
今回はVRの公開が早いですね、良いと思います。
しかし、収録格差が酷いですね。ぬばたま・ゴルパラはここに無理矢理突っ込む意味があったのでしょうか。素直にEBに入れておけば良いのに。

 

f:id:harvestfiesta:20190618222852j:plain

評価:4/5

 

■孤高www

元ブラブレ引換券ですが随分様変わりしましたね。

孤高要素何処にも在りませんよ。沈黙の騎士と言い、二つ名に反したユニットが多いですね。

 

効果の方は《モナークサンクチュアリ・アルフレッド》の一つ目の効果の相互互換、[V/R]対応型の《ブラスター・ブレード》強化です。

 

この効果で《ブラスター・ブレード》が単騎でパワー20000となる為、フォースⅠを置く必要性が減り、気兼ねなくフォースⅡを選択できる所が良いですね。

さらに永続効果で自ターン中の制限も無い為、殴り返しに強い所も助かります。

二つ目の効果の都合上《ブラスター・ブレード》への依存度が高く、《ブラスター・ブレード》が場から消えてしまうとただのバニラに成り下がるので、場の《ブラスター・ブレード》を除去される危険性が低くなる要素は幾つあっても困りません。

 

ヴァンガードサークル増殖

かなりユニークな効果ですね。

まさかリアガードサークルを一時的にヴァンガードサークルとして扱う効果が出るとは。

 

利点は概ね情報局でも説明されていた通り、《ブラスター・ブレード》の[V]効果が発動し☆+1効果を使用できる事。

シングルドライブとは言え、[V]によるアタックである為、アタックすればドライブチェックが発動する事。

[V]状態の《ブラスター・ブレード》にライドする事で本来の[V]は《孤高の騎士 ガンスロッド》のまま、ライドしたユニットの[V]登場時効果を使用できギフトを得られる事です。

 

ドライブチェックによりノーコストで恒常的にアドバンテージを稼ぎつつ、☆+1状態の《ブラスター・ブレード》でアタックできるのはかなり強力ですね。

また、《アルフレッド・アーリー》にライドすれば、ギフトを得つつ《ブラスター・ブレード》を再びソウルからコールし場に維持する動きもできるのも面白いですね。

 

欠点は上下効果共に《ブラスター・ブレード》に依存している為、これ単体では全く機能せず、このユニット自体にはそれをフォローする機能もない点です。

ロイヤルパラディンはドローソースが多く、今回専用サーチまで追加された為、そこまで差し迫った問題ではありませんが、効果が全て固有名称指定である事を加味するとやや使い難いですね。

 

■総括

例によって例の如く、《ブラスター・ブレード》を固有名称指定し、二種の効果共にそれに大きく依存したVRです。

ロイパラはホモを筆頭にそんなのばかりなので今更ですが、相方をサーチする努力を完全に放棄したタイプは珍しいですね。

 

セットで運用できれば恒常的にドライブチェック回数を《ブラスター・ブレード》の分だけ増加でき、パワーラインの増強とアドバンテージの確保を一手に熟せ、なかなか優秀だと思います。

 

ロイパラの他の[V]候補に比べて圧倒的に優秀と言うわけではありませんが、ユニークな効果をしているのでデッキを組みたくなりますね。

 

f:id:harvestfiesta:20190618222900j:plain

評価:4/5

 

■登場時ブラブレ確定サーチ

ヴァンガードでは比較的珍しい、確定サーチ効果です。

固有名称指定ですが《ブラスター・ブレード》はロイヤルパラディンを使用する上で何かと必要になる事が多いので、それを確定でサーチして来れるのであれば悪くはありません。

使用できるタイミングが自身の[V]がG3以上と遅い為、ライド事故回避には使用できない点が残念ですね。

 

■総括

5枚目以降の《ブラスター・ブレード》です。

 

ロイヤルパラディンは《ブラスター・ブレード》への依存度が高いので、確定サーチできるのであればコストを支払ってでも引き込みたい場面もあるでしょう。

 

ロイヤルパラディンのG1帯は激戦区ですし、その特性上4枚フル投入するかどうかは微妙な所ですが、デッキに採用する余地は十分にある優秀なカードだと思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190618222908j:plain

評価:5/5

 

■ブラブレ反応CC&SC

これは嬉しい。

《ブラスター・ブレード》の登場時と、それなりに軽い条件でのCCは本当にありがたいですね。

このユニット自体は場に残るので、恒常的に使用できる点も良いですね。

 

唯一パワー7000である点が気になりますが、ロイヤルパラディンはセットで運用してパワーラインを整えるカードが多いのでこのカードが浮いていしまうのも止む無しでしょう。

 

■総括

漸く登場したロイヤルパラディンのCC要員です。

発動条件が《ブラスター・ブレード》の登場時にダメージゾーンに表のカードが無い時とやや特殊ですが、ロイヤルパラディンであれば《ブラスター・ブレード》をコールする手段は幾つもあるので然程発動の機会に困ることはないでしょう。

 

G1ユニットなので差し挟む枠に困りますが、これを採用しないのも勿体ないですからね。