イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「サバンナ・ワイルド」「ヴァーナル・クラッカー」「ウォーリア・オブ・チャクラム」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB07「The Heroic Evolution」収録 「サバンナ・ワイルド」「ヴァーナル・クラッカー」「ウォーリア・オブ・チャクラム」です。
そろそろ見せられるカードが無くなってきたようですね。

まぁ火曜日の更新でこれならば、十分でしょう。

 

f:id:harvestfiesta:20190423103725j:plain

 

評価:3/5

 

■縦列の[R]全て退却&条件付き自己パンプ

ノヴァにしては優秀な焼き効果ですが、やたらとコストが重いですね。

同じ縦列のユニットを全て退却なので、ライド時は相手の[V]裏に1体、それ以外は概ね2体退却できます。

退却させたユニットが1枚以下で、アドバンテージが稼げなかった場合は自己パンプで補填されるので、悪くはありません。

 

■総括

「ヒーロー」軸のサブ[V]候補です。

「ヒーロー」軸はメインがCBを大量に使用する為、その他のユニットはSBに偏ったコストをしているようですが、それにしてもSBが重い。

登場時効果のみでこの消費コストは、やや使い難いですね。

 

とは言え、それなりに優秀な効果を持っていますし、このカードと枠を競るG3ユニットは防御特化の《ガーリィ・ドーリィ》ぐらいなので、構築次第では十分に採用候補です。

 

f:id:harvestfiesta:20190423103731j:plain

 

評価:3/5

 

■他のリアガード1枚につき+3000

素のパワーが8000しかありませんが、ほぼ《アイアン・キラー》の上位互換ですね。

あちらとは違い素のパワーが低く、[R]効果なのでライドしてしまうと悲惨ですが、このカード含め[R]3体でパワー14000になる点は同じですし、こちらは最大でパワー23000まで上がります。

 

このカード以外のラインを整えるだけでパワー14000となり、フォースに届く点が良いですね。

比較的緩い条件で必要最低限の自己パンプを行え、ある程度場を整えればこのユニット自体は単騎でもダメージトリガーをケアできる数値になれるので優秀だと思います。

 

■総括

素のパワーが低く、ライドしてしまうと悲惨ですが、優秀なパンプ効果を持ったG2ユニットです。

 

ほぼ《アイアン・キラー》等の自己パンプ効果持ちユニットの上位互換と言えるので、それらの枠がこのカードに切り替えられる可能性は十分にあると思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190423103738j:plain


評価:2/5


■ダメージ1点につきシールド+5000

ダメージゾーンのカード1枚につきシールド値が+5000される効果なので、最大でシールド値+25000され、30000のガード札として活用できる効果です。

 

硬くなるにはなりますが、これは使い難い効果ですね。

通常時に役立つ効果を持たず、[R]効果なのでインターセプト時にコストを支払った場合のみ硬くなれると言うのがネックです。

この手の効果でコストがかかるのも、あまり印象が良くありません。

 

 

■総括

自身のダメージ次第でシールド値の上昇するインターセプト要員です。

 

一応、焼きの無いクラン相手であれば、それなりに活躍できるとは思いますが、「ヒーロー」軸でこの効果にソウルを支払う余裕があるのかが、そもそも疑問です。

 

 

harvestfiesta.hatenablog.com