イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

バミューダ△「旋律(ソナタ&キャロ&カノン)」軸 デッキレシピ


Amazon/駿河屋/あみあみ

Amazon/駿河屋/あみあみ



■G3(11枚)
カラフル・パストラーレ ソナタ ×4
カラフル・パストラーレ キャロ ×4
カラフル・パストラーレ カノン ×3

■G2(11枚)
名曲の継承者ミンネ ×4
甘美なる愛リーゼロッテ ×4
蒼銀の歌姫ブリュム ×3

■G1(11枚)
トップスター チェル ×4
一世一代の告白アウロラ ×4
レイニーティア ステッツァ ×3

■G0(17枚)
 純朴な贈り物 アリーチェ ×1
あなたに届け パーシュ ×4
恋への憧れ リーナ ×4
煌きのお姫様 レネ ×4
手作りの愛情 エレナ ×4


■各種解説
〇G3

カラフル・パストラーレ ソナタ

 

このデッキのメイン[V]です。

ただ場に置くだけで各種『旋律』持ちをパワー+5000し、全体のパワーラインを押し上げてくれる点が非常に優秀。

パンプなしG1ユニットがブーストするだけでフォースも無しにパワー26000を叩き出せ、同名カードや下記の《カラフル・パストラーレ キャロ》と組み合わせる事で今までにない圧倒的なパワーラインを形成できます。

 

[V]効果も扱い易く便利なので、基本的にはこのカードに乗ります。

特に除去効果の多いシャドパラ・かげろう・なるかみ・リンクジョーカーを相手にした時には、このカードの[V]効果で損失をケアしながら戦うと主導権を奪われ難く安定します。

 

カラフル・パストラーレ キャロ

このデッキのサブ[V]です。

『旋律』持つ全てのユニットをブースト要員にできる効果が非常に強力で、このデッキのパワーラインを爆発的に押し上げてくれます。

このカードを場に置いた後はG1ユニットの8000ブーストが力不足に感じる程、狂った火力を保有したクィーンゴリラ、ゴリラ・オブ・ゴリラです。

 

[V]効果は使い切りなので乗り続けるのは勿体無いですが、ライド時には同名カードをサーチできる為デッキ圧縮に繋がり、ブースト付与の発生源を除去され後列のG3が置物になる事態も防げる為、順当ライド時にはこのカードに乗ってしまっても問題ありません。

 

《カラフル・パストラーレ ソナタ》と《カラフル・パストラーレ キャロ》を場に揃える事が重要な為、絶対に減らす事ができない枠です。

 

カラフル・パストラーレ カノン

 

このデッキのフィニッシャーです。

[V]効果のコストはSB③とそこそこ重く連発は難しいのですが、この効果を複数回必要とする事は少ないのでソウルの心配は殆どありません。

 

また『旋律』持ちにSCを付与できますが、詰めのタイミング以外では場に置く必要が然程ないので、通常は再ライドで乗り直す為手札に握って置く事を優先します。

 

ただしプロテクトクランのオラクル・エンフェに加え、《夢幻の風花 シラユキ 》による高い防御能力と《決闘龍 ZANBAKU》による再ライド封じを兼ね備えたむらくもに対しては、最初からこのカードに乗ることを目指します。

 

当初から4投で減らす事を考えていないソナタ&キャロとは違い、この枠は最初《カラフル・パストラーレ セレナ》を採用していたのですが、現環境を考慮して対プロテクト及び対むらくも用の札が必要と考えた為この形に落ち着きました。

 

〇G2

名曲の継承者ミンネ

 

ドロー枚数が2枚と多く山札を深く掘れ、必要とするカードにアクセスし易い点が優秀です。

 

デッキの構成上G3が多くなる為G2・G1枠はデッキの回転率を高め、事故回避に貢献できるカードを厚く積まざるを得ません。

そう言った意味ではG2帯にも《トップスター チェル》のサーチ先をが欲しいので、《名曲の継承者ミンネ》か《蒼銀の歌姫ブリュム》の枠は《ライブinユートピア ルカ》でも良いのかも知れません。

 

また場を調整すれば手札のトリガーを大量に山札へと返す事も出来、詰めのタイミングにトリガー比率を上げる目的で使用するのもなかなか強力です。

 

甘美なる愛リーゼロッテ

EB発売後もアドバンテージ確保要員としては最強の座に君臨する、ただ強カードです。

このカードの効果で《カラフル・パストラーレ ソナタ》or《カラフル・パストラーレ キャロ》が降ってくると相手の計算を一気に狂わせる事ができます。

任意でSCに変える事もできる為、小器用な所も高評価です。弱い部分がありません。

 

 蒼銀の歌姫ブリュム

 

バミューダのG2帯で最も素直な性能のドロー効果がこのカードでした。

《名曲の継承者ミンネ》を除けば、他はパワーが欠けているか、パンプのみのカードなので選択肢はありません。

 

とは言え、相手ターン中のパンプによりG3以上に殴り返しに強く、パワーの欠けていないヒット時1ドロー効果と言うだけで十分に優秀です。

使い易さだけで言えば、デメリット付きで状況を選ぶ必要のある《名曲の継承者ミンネ》よりも上です。

 

〇G1

トップスター チェル

 

登場時に『旋律』持ちをサーチできるので、並べる事に意味がある『旋律』をサポートする重要なカードです。

ソウル1枚を展開用の《カラフル・パストラーレ ソナタ》や、フィニッシャーの《カラフル・パストラーレ カノン》に変換できる為、非常に便利です。

手札のG3を公開するだけで使えるので、このカードを場に出しても手札枚数が減らない点も良いです。

 

ただその条件が厳しく手札にG3を握っている必要がある為、ライド事故回避にはほぼ使用できず、確定サーチではない点がネックです。

 

同列のユニットがアタックされなくなる効果は然程役に立つわけではありませんが、重要なシステムユニットである《カラフル・パストラーレ キャロ》をアタックによって除去される事を防げる為、無駄にはなりません。

 

一世一代の告白アウロラ

 「旋律」軸はG3の配分が多くなり事故率が上昇する為、ノーコストで使える手札交換が非常に重宝します。

ドローの後に捨てるカードを選べ、[V/R]効果なので乗っても問題なく効果を使用できるので抜く理由がありません。

 

レイニーティア ステッツァ

 

CBを消費せずに行える自己退却&1ドロー、更にCBを消費しますがドロップゾーンのG3を山札に戻す事で追加で1ドローと、都合2枚ドローしつつ貴重な『旋律』持ちG3を山札に戻す事ができる点が非常に便利です。

 

〇G0

☆8引4構成

引トリガーを増やさず、完全に☆に寄せた構成にしています。

理由としては大きくは2つ。

 

1.『旋律』の特性上G3の多いデッキ構成となり、通常のデッキに比べ使用可能なシールドの合計値が低く、《カラフル・パストラーレ フィナ》を採用していないこのデッキではそれを補う術が無い為シールド値の低いバニラ引トリガーの採用を避けました。

 

2.『旋律』軸は豊富なパンプ効果による高い火力を持ち、ゴリ押しで打点を通し易いクランですが、☆を増やす手段を持たず、攻撃回数も最大3回のみと点を詰める性能は高くはありません。

それを補う方法が現状☆トリガーしか存在しなかった為、☆に寄せた構成を選択しています。

 

 

harvestfiesta.hatenablog.com