イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガードch「虚脱の鋭環 アルニラム」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今回の公式ch公開カードはEB06「救世の光 破滅の理」収録 「虚脱の鋭環 アルニラム」です。
ノヴァはもうほぼほぼ見せてしまって、引っ張るカードがアズールしかないので公開されないんですね。この収録格差に何も感じない所がブシロード

或いは、大正義ロイパラがまた収録されていて皆も嬉しいやろって認識でしょうか?

脳外科の方、早く診てあげて下さい。

 

f:id:harvestfiesta:20190315091951j:plain


評価:3/5

 

■ガーディアン2体でガードされていたら2ドロー

[V]裏限定とは言え、殴るだけ殴った後にノーコスト1:2交換を行えるのは悪くありませんね。

リンクジョーカーのコストはCB・SB共に貴重なので、ノーコストでリソースの確保が行える点は偉いです。

 

自己退却を必要としますが2ドローを行えるのできちんと損失を補填しつつアドバンテージを稼いでいますし、ブーストしたバトル終了時にドローする効果なので後列のユニットとしても最低限仕事を果たした後に退却する所も無駄が少なく良いと思います。

デリートを繰り返し行う為に再ライドを必要とする《波動する根絶者 グレイドール》を引き込む補助としては十分な性能だと思います。

 

問題はガーディアン2体退却と言う条件ですが、相手依存とは言え[V]のアタックはガードするのであれば守護者を切らない限りは概ねガーディアンを2体消費しますし、リンクジョーカーにはデリートがあるのでノーガードされない限りは条件達成は難しくはないでしょう。

特に《波動する根絶者 グレイドール》は自身の効果で☆+1しつつ、デリートを行えるのでノーガードでスルーされ難く、デリートによってガード要求値も高くできるので相性が良いですね。

 

なかなか優秀だとは思いますが、ガーディアンを退却させる必要がある為、[V]のアタックは思考停止守護者で凌げば良いプロテクトクランに対しては効果を使用する機会に乏しく、ただパワーが7000のG1としてしか機能しない場合も多そうです。

苦手なプロテクト相手に機能不全に陥りやすい点がネックですね。

 

■総括

相手依存ですがアタック後にノーコストで1:2交換を行えるG1ユニットです。

特に「根絶者」軸と相性が良く、プロテクトクラン相手に機能し難い点を踏まえても採用圏内にある優良Cだと思います。