イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「リバーブレーター ディエス」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB05「Primary Melody」収録 「リバーブレーター ディエス」です。
今回も非常に可愛らしいイラストですが、また尻尾に切れ目が入っていてあからさまに脚ですね。アニメでも早々に脚を生やしていましたし、設定だけで外見は人間にしてしまえば良いのでは?

 

f:id:harvestfiesta:20190315104752j:plain

 

評価:3/5

 

■G3の[R]1枚につきパワー+5000

悪くはない性能ですね。

 

仮に《カラフル・パストラーレ キャロ》のブースト付与を絡めてこのカード以外が全てG3だった場合、G3の[R]は4枚なのでパワー+20000され合計でパワー28000のアタッカーとして扱えます。

ここまで上がれば場を『旋律』で固めるよりも火力が出る場合もありますね。

《カラフル・パストラーレ ソナタ》を用意できなかった場合等、パンプ用の『旋律』持ちが足りない場合のサブプランとしてはありかも知れません。

 

またデッキ構築の仕様上、「ハイランダー」軸では否応もなく採用候補です。

G0を除いてEB39種・TD9種でのハイランダーは少々無謀でしたね。

 

それなりに悪くはない性能ですし、効果の特性上『旋律』との相性は良さそうですが、多くの場合、普通に『旋律』で場を固めた方が強いのでこのカードを出す必要が無い点が欠点ですね。

素のパワーも低いのでライド時に弱い所もネックです。

 

■G3の[R]が居る場合シールド+5000

 

《ミラクル・ダンディー》と比べると随分弱いシールド強化能力に見えますが、まぁシールド値10000のカードがデッキ内に増える事は良い事だと思います。

 

『旋律』にはインターセプトとシールド値を付与してくれる《カラフル・パストラーレ フィナ》も存在しますが、場から消える『旋律』を減らせるのであればそれに越したことはありませんし、便利な効果だと思います。

 

■総括

素のパワーが8000と非常に低く、ライド時には大きく足を引っ張りますが、比較的緩い条件での永続パンプを持ち殴り返しにも強く、「旋律」軸「ハイランダー」軸のどちらにも採用できるカードだと思います。

 

 

harvestfiesta.hatenablog.com